財務総研トピックス

9月の国際交流

9月10日(火曜日)から12日(木曜日):簿記検定初級コース(於:ラオス)の実施

財務総合政策研究所では、川崎商工会議所及びラオス商工会議所(LNCCI)の協力の下、ラオスの簿記普及を目的として、ラオス・ビエンチャンにて簿記検定初級コースを実施しました。コースは、日本の日商簿記初級の出題範囲を対象に実施され、現地企業の経営者・スタッフ・公務員など、39名が参加しました。21名が最終日に実施した理解度テストに合格し、修了証を受け取りました。


受講者の集合写真閉会式の模様
【受講者の集合写真】【閉会式の模様】

9月のセミナー等

〇 先端セミナー

財務総合政策研究所では、第一線の研究者を講師にお招きし、学会もしくは研究者ご自身の先端的な研究内容についてレクチャーいただく先端セミナーを開催しています。

9月は、以下のとおり開催しました。


9月10日(火曜日)
演題 :
講師 :
 
「The Natural Level of Capital Flows」
Professor Francis Warnock(Darden Business School, University of Virginia/NBER)
Professor Veronica Warnock(University of Virginia-Darden)
Professor Francis WarnockProfessor Veronica Warnock
【Professor Francis Warnock】【Professor Veronica Warnock】

ランチミーティング

財務総合政策研究所では、財務省の政策立案に資する観点から、広範囲に亘り内外から有識者をお招きし、先端的な情報を聴取しております。9月は、以下のとおり開催しました。

9月4日(水曜日)
演題 :
講師 :
 
「世界情勢急変下でのFRB・ECB・日銀ウォッチング」
加藤 出(東短リサーチ株式会社代表取締役社長兼チーフエコノミスト)
加藤出氏の写真
【加藤 出 氏】
9月13日(金曜日)
演題 :
講師 :
 
「MaaS:その現状と今後」
井上 岳一(日本総研創発戦略センター シニアスペシャリスト)
井上岳一氏の写真
【井上 岳一 氏】

9月の刊行物

フィナンシャル・レビュー
題名要約
令和元年(2019年)第4号(通巻第139号)
特集「フィンテック最新事情」

本特集では各国の中央銀行や監督官庁をも巻き込んでフィンテック研究を推進する動きが加速している動向に鑑み、フィンテックのマクロ的視点、先行する米国そして日本の最新事情、AI 運用、オンラインオルタナティブファイナンスについて理論的・実証的視点も含めて紹介する。

財務総研トピックス(月別)

 ページ先頭へ