財務総研トピックス

9月の国際交流

9月18日(火曜日)から9月22日(土曜日):中国出張(北京・江西省南昌市)
                    (DRCとの共同研究 第一回ワーキングミーティング 及び江西省南昌市視察)

財務総合政策研究所(以下、財務総研)では、研究交流活動として本年4月から中国国務院発展研究センターマクロ経済研究部(以下、DRC)と、「人口構成の変化のマクロ経済的帰結と財政の持続性」について共同研究を行っています。今般、財務総研は、美並所長を筆頭に、北京で開催されるワーキングミーティング(中間報告会)に出席しました。また、DRCとともに江西省南昌市を訪問し、高齢者向け介護施設の視察及び省政府関係者や企業代表者との意見交換を行いました。


(開催日程)

  • 2018年9月19日(水曜日) 中国・北京市
  • 2018年9月20日(木曜日)から2018年9月21日(金曜日) 中国・江西省南昌市

写真(美並所長)
(ワーキングミーティングでの美並所長司会)
写真(ワーキングミーティング後の集合写真)
(ワーキングミーティング後の集合写真)
写真(北京でのワーキングミーティングの様子)
(北京でのワーキングミーティングの様子)
写真(江西省南昌市での意見交換の様子)
(江西省南昌市での意見交換の様子)


ランチミーティング

財務総合政策研究所では、財務省の政策立案に資する観点から、幅広い観点からの有益な情報を得るため、内外から多様な知見を有する方をお招きし、広範囲かつ先端的な情報を聴取しております。

9月は、以下のとおり開催しました。


写真(武田 洋子)
9月11日(火曜日)
演題 :
講師 :
 
「内外経済の情勢−日本の持続的成長に必要なものとは−」
武田 洋子(株式会社三菱総合研究所 政策・経済研究センター長)

9月のDP(ディスカッション・ペーパー)

題名・執筆者要約
イギリスの平均償還年限とその背景 ―国債の需要と供給両面からの分析―(PDF:1025KB)

財務省理財局前国債企画課課長補佐
/財務省財務総合政策研究所客員研究員
中対 剛

財務省理財局国債企画課専門調査員
/財務省財務総合政策研究所客員研究員
村田 大介

国債発行はコストとリスクのトレードオフの関係にある。つまり、長期の国債の発行割合を増やせば、借り換え時の金利上昇リスクを抑えることが可能である一方、短い年限のものより高いコスト(ターム・プレミアム)を支払う必要がある。そのため、債務管理政策においては、このような調達コストと借換えリスクのトレードオフの関係に留意しながら、年限配分を検討していく必要がある。そのような中、イギリスは、超長期の年限の国債の割合が多く、他国と比して突出して長期の平均償還年限となっている。イギリスは、なぜ多額の超長期債を発行し、かつ市場で安定的に消化されているのか、その背景について、イギリス債務管理当局の国債発行政策という供給面と市場の長期債への需要面という両側面から考察する。

Rationality of Corporate Cash Holdings(PDF:261KB)

財務省財務総合政策研究所
総務研究部総括主任研究官
奥 愛

前財務省財務総合政策研究所
総務研究部主任研究官
橋本 逸人

財務省財務総合政策研究所
総務研究部研究員
渡部 恵吾

日本企業が保有する現預金は増大傾向にあり、2017年度の現預金額は約222兆円にも上る。しかし、日本企業が積み上げる現預金は市場から割り引かれて評価されている。日本企業のROEが低いため、市場からは現預金を有していても有効に活用できていないと見なされていると考えられる。つまり、日本企業が合理的だと考えて積み増している現預金が、結果として企業価値の向上に結びついていない。

企業価値を高めるための手段として自社株買いに加え、人への投資も含めた投資の拡大が有効である。企業経営者は市場からの評価を視野に入れ企業価値の向上に取り組む必要がある。

9月の刊行物

Public Policy Review
題名要約
September 2018(Vol.14,No.5)
Development and Integration of Financial Markets in Asia


本特集号の目的は、日本をはじめとするアジア地域における金融グローバル化の現状を把握し、その課題を多面的な観点から取り上げ、評価することにある。アジア域内の金融統合の障害や課題をどう乗り越えていくか、アジア域内の膨大な貯蓄をいかに長期投資(とりわけインフラ投資)に振り向けるか、金融統合・グローバル化と金融安定をいかに両立させるか、金融安定のための東アジア協力をどう進めるべきか、などの問題を検討する。

Monthly Finance Review
NUMBERCONTENTS
No.541(August)STATISTICS (Released by Ministry of Finance)
PUBLIC RELATIONS & PRESS RELEASE
APPENDIX
MAIN ECONOMIC INDICATORS OF JAPAN

 

財務総研トピックス(月別)

月別の財務総研トピックスはこちら


 

ページ先頭へ