外部有識者による研究所内講演会

講演会資料(令和2年度)

演題

講師(敬称略)

講演日

資料

「2050年カーボンニュートラルに向けたエネルギー戦略」公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)システム研究グループ、グループリーダー・主席研究員
  秋元 圭吾
令和3年3月18日
「日本のこれまでの気候変動政策とグリーン成長戦略」京都大学大学院地球環境学堂/経済学研究科教授
  諸富 徹
令和3年3月9日
「COVID-19 行動科学視点から見た対応」東京大学大学院医学系研究科/公共健康医学専攻保健社会行動学分野 教授
  橋本 英樹
令和3年2月24日
「エネルギー産業の2050年
―ネットゼロカーボンを真面目に考える―」
国際環境経済研究所理事・主席研究員/21世紀政策研究所研究副主幹/筑波大学客員教授/東北大学特任教授/
U3Innovations,LLC共同創業者・代表取締役
  竹内 純子
令和3年2月18日 
「コロナ後のタイ情勢:激化する抗議活動の背景と意味合い」外務省大臣官房付(国立公文書館アジア歴史資料センター次長)
  早川 修
令和3年1月27日
「東アジア国際分業と国際通商秩序:2021年の課題」慶應義塾大学経済学部教授、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)チーフエコノミスト
  木村 福成
令和3年1月15日
「石橋湛山の財政思想
―戦後の財政破綻と大蔵大臣―」
国家公務員共済組合連合会理事長、
財務総合政策研究所上席客員研究員
  松元 崇
令和2年12月17日
「EBPMの実践的活用とその意義
これからの時代における積極的運用の必要性」
PHP総研主席研究員、
立教大学大学院特任教授
  亀井 善太郎
令和2年11月26日
「日本の『教育格差』とコロナ禍」早稲田大学留学センター准教授
  松岡 亮二
令和2年11月5日
「コロナ禍における社会課題解決とインパクト投資」社会変革推進財団 エグゼクティブ・アドバイザー
  安間 匡明
令和2年10月13日
「ポストコロナ社会に向けたデジタル化の課題」フューチャー株式会社取締役
  山岡 浩巳
令和2年10月2日
「with/after コロナの働き方の展望」慶應義塾大学大学院商学研究科教授
  鶴 光太郎
令和2年9月3日
「マスメディアの試練−生存の条件」朝日新聞社メディアラボ室長
  穂積 貴弘
朝日新聞社メディアラボ主査
  田森 秀明
朝日新聞社メディアラボプロデューサー
  深田 陽介
令和2年7月30日
「未来の年表 人口減少日本で起きること」一般社団法人「人口減少対策総合研究所」理事長
  河合 雅司
令和2年7月16日
「野生化するイノベーション」早稲田大学商学学術院教授
  清水 洋
令和2年6月29日
「上海から見えた日中関係の現状と展望」外務省研修所所長(大使)
  片山 和之
令和2年6月23日

 

 最近の講演会資料