9 社会保障関係費は今後も増えるのか

  • 日本は、他国に類をみない速度で高齢化が進んでいます。今後、高齢化はさらに進展し、2025年にはいわゆる「団塊の世代」の全員が後期高齢者である75歳以上となります。
  • 75歳以上になると、1人当たりの医療や介護の費用は急増することから、持続可能な社会保障制度を作るために残された時間はわずかです。
  • 図・今後の社会保障関係費の推移のグラフ。
  • 前ページ
  • 次ページ