このページの本文へ移動
 
  
 
特別研究官Senior Research Fellow
小枝  淳子
KOEDA Junko

研究分野


マクロ経済学、金融、国際金融

学歴・略歴


1999年東京大学経済学部卒業
2005年UCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)博士課程修了(経済学)
2005-2009年国際通貨基金(IMF)ワシントン本部 エコノミスト
2009-2014年東京大学経済学部・大学院経済学研究科 特任講師
2014-2019年早稲田大学政治経済学術院 准教授
2019-2021年財務省財務総合政策研究所 総括主任研究官
2021-現在早稲田大学政治経済学術院 准教授

 

主要業績(著書・編著、論文等)

 

  • Hayashi, F., and Koeda, J. (2019). “Exiting from QE,” Quantitative Economics. Econometric Society, vol. 10(3), pages 1069-1107, July.
  • Koeda, J. (2019). “Macroeconomic effects of quantitative and qualitative monetary easing measures,” Journal of the Japanese and International Economies, 2019, 52, (C), 121-141
  • Koeda, J. (2017). “Bond supply and excess bond returns in zero-lower bound and normal environments: evidence from Japan,” The Japanese Economic Review, Japanese Economic Association, vol. 68(4), December.
  • Koeda, J. (2013). “Endogenous monetary policy shifts and the term structure: evidence from Japanese government bond yields,” Journal of the Japanese and International Economies, Volume 29, September.
  • Koeda, J. (2008). “A debt overhang model for low-income countries,” IMF Staff Papers, Palgrave Macmillan, vol. 55(4), December.
  • 「年限構成からみる国債管理政策」、『ファィナンシャル・レビュー<特集>国の債務と債務管理に関する分析』、forthcoming、小枝淳子前財務省財務総合政策研究所総務研究部総括主任研究官責任編集、財務省財務総合政策研究所

 

リンク他


ワーキングペーパーや他の業績などについては以下のページをご参照ください。
小枝淳子先生個人ページ

 

ページ先頭へ