フィナンシャル・レビュー
令和3年(2021年)第2号(通巻第145号)

令和3年3月発行

目次

 

<特集>人口高齢化のもとでの財政金融政策の有効性

 

 序文(PDF:620KB)

吉野 直行

(慶應義塾大学名誉教授/政策研究大学院大学客員教授)

 財政赤字の安定化条件「ドーマー条件」の再考察

本文(PDF:1080KB)

  1. ローマ数字1.はじめに
  2. ローマ数字2.ドーマー条件(利子率と経済成長率の比較)
  3. ローマ数字3.国債需要の導出
  4. ローマ数字4.国債供給と国債需要の同時方程式体系
  5. ローマ数字5.国債需要と国債供給の連立方程式から導かれるドーマー条件に代わる財政安定化条件
  6. ローマ数字6.国債の需給を考慮した財政安定化条件を用いたギリシャと日本の比較
  7. ローマ数字7.国債需要のギリシャと日本の違い
  8. ローマ数字8.結論

吉野 直行

(慶應義塾大学名誉教授/政策研究大学院大学客員教授)

宮本 弘曉

(東京都立大学経済経営学部教授/高知工科大学客員教授)

 地域財政乗数と高齢化

本文(PDF:922KB)

  1. ローマ数字1.はじめに
  2. ローマ数字2.制度的背景
  3. ローマ数字3.定式化
  4. ローマ数字4.データ
  5. ローマ数字5.推定結果:全体標本
  6. ローマ数字6.推定結果:高齢化による効果の異質性
  7. ローマ数字7.おわりに

別所 俊一郎

(東京大学大学院経済学研究科准教授)

 人口高齢化が財政政策の有効性に与える影響
―パネルVAR モデルによる分析―

本文(PDF:1542KB)

    1. ローマ数字1.はじめに
    2. ローマ数字2.理論モデル
    3. ローマ数字3.実証分析
    4. ローマ数字4.結語

森田 裕史

(法政大学経済学部准教授)

二秩@秀和

(一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程)

 高齢化が財政政策の効果に与える影響

本文(PDF:1225KB)

    1. ローマ数字1.はじめに
    2. ローマ数字2.定型化された事実と先行研究の整理
    3. ローマ数字3.実証分析の手法とデータ
    4. ローマ数字4.分析結果
    5. ローマ数字5.ディスカッション
    6. ローマ数字6.まとめと政策的インプリケーション

宮本 弘曉

(東京都立大学経済経営学部教授/高知工科大学客員教授)

吉野 直行

(慶應義塾大学名誉教授/政策研究大学院大学客員教授)

 生産性の変化を通じた財政政策の長期的効果

本文(PDF:1000KB)

    1. ローマ数字1.はじめに
    2. ローマ数字2.先行研究と本論文の位置づけ
    3. ローマ数字3.分析モデル
    4. ローマ数字4.データ
    5. ローマ数字5.分析結果
    6. ローマ数字6.おわりに

中東 雅樹

(新潟大学経済科学部准教授/財務省財務総合政策研究所特別研究官)

 

ページ先頭へ