フィナンシャル・レビュー
令和3年(2021年)第1号(通巻第144号)

令和3年3月発行

目次

 

<特集>財政政策のマクロ経済への効果

 

 序文(PDF:599KB)

福田 慎一

(東京大学大学院経済学研究科教授)

 政府債務の累増にもかかわらずなぜ金利が上がらないのか

本文(PDF:1357KB)

  1. ローマ数字1.はじめに
  2. ローマ数字2.潜在成長率の低下と低インフレ
  3. ローマ数字3.分析手法とデータ
  4. ローマ数字4.実証分析
  5. ローマ数字5.結論

田中 賢治

(広島大学大学院人間社会科学研究科客員教授)

 欧州における付加価値税率変更の経済効果
―日本経済へのインプリケーション―

本文(PDF:1314KB)

  1. ローマ数字1.はじめに
  2. ローマ数字2.欧州におけるVAT 変更と価格への影響
  3. ローマ数字3.税率変更の時期の影響
  4. ローマ数字4.VAT 税率変更の経済への影響
  5. ローマ数字5.税率変更と経済環境
  6. ローマ数字6.VAT 変更で価格変化が小幅にとどまる背景(考察)
  7. ローマ数字7.結語

小巻 泰之

(大阪経済大学経済学部教授)

 多世代重複モデルを使った財政の維持可能性の検証

本文(PDF:994KB)

    1. ローマ数字1.はじめに
    2. ローマ数字2.分析モデル
    3. ローマ数字3.データ
    4. ローマ数字4.シミュレーション結果
    5. ローマ数字5.おわりに

山田 潤司

(富山大学学術研究部社会科学系准教授)

 金融市場は財政維持可能性をどう見ているか
―国債先物オプション価格の分析―

本文(PDF:2303KB)

    1. ローマ数字1.序論
    2. ローマ数字2.国債先物オプション市場とボラティリティ・スマイル
    3. ローマ数字3.ボラティリティ・スマイルの推移
    4. ローマ数字4.回帰分析による検証
    5. ローマ数字5.結論

塩路 悦朗

(一橋大学経済学研究科教授)

 官民連携の経済分析
―逆選択やシナジー効果に注目した理論・実証分析―

本文(PDF:1171KB)

    1. ローマ数字1.はじめに
    2. ローマ数字2.アンバンドリング型契約とバンドリング型契約
    3. ローマ数字3.逆選択と基本報酬の関係
    4. ローマ数字4.実証分析の枠組み
    5. ローマ数字5.応募企業数や選定事業者の質に対する影響の推計結果
    6. ローマ数字6.VFM 改善度に対する影響の推計結果
    7. ローマ数字7.まとめ

福田 紫

(慶應義塾大学大学院経済学研究科)

中村 純一

(日本政策投資銀行設備投資研究所副所長)

  乗数効果の低下の要因について

本文(PDF:1839KB)

    1. ローマ数字1.はじめに
    2. ローマ数字2.乗数効果の低下の現状
    3. ローマ数字3.乗数低下の要因に関する理論的整理
    4. ローマ数字4.消費性向c(1−τ)y の低下
    5. ローマ数字5.税・社会保障負担率τの上昇
    6. ローマ数字6.投資性向iy の低下
    7. ローマ数字7.輸入性向imy の上昇
    8. ローマ数字8.金利,物価,為替レートを通じた調整
    9. ローマ数字9.結論

三平 剛

(東洋大学経済学部准教授)

  マクロ財政政策の評価と課題

本文(PDF:1339KB)

    1. ローマ数字1.はじめに
    2. ローマ数字2.分析に用いる「政府支出」
    3. ローマ数字3.先行研究の視点と課題
    4. ローマ数字4.誘導方程式を用いた推計
    5. ローマ数字5.VAR を使った推計
    6. ローマ数字6.分析結果の留意点
    7. ローマ数字7.民間エコノミストの予測データを用いた分析
    8. ローマ数字8.おわりに

福田 慎一

(東京大学大学院経済学研究科教授)

相馬 尚人

(横浜国立大学国際社会科学研究院准教授)

 

ページ先頭へ