現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 国際課税 > 租税条約に関する資料 > 租税条約に関するプレスリリース > オランダ王国との新租税条約のポイント

オランダ王国との新租税条約のポイント

オランダ王国との新租税条約のポイント

  • 1.投資先の国における投資所得に対する課税の軽減又は免除

    投資所得(配当、利子及び使用料)については、以下のとおり、投資先の国における課税を軽減又は免除しています。

     配当利子使用料
    現行条約5%(持株25%以上)
    15%(その他)
    免税(政府等)
    10%(その他)
    10%
    新条約免税(持株50%以上)
    5%(持株10%以上)
    10%(その他)
    免税(政府、銀行等)
    10%(その他)
    免税
  • 2.租税回避行為の防止のための規定の導入

    投資所得について、投資先の国における課税を免除する範囲が大幅に拡大したことに伴い、条約の特典の濫用による租税回避行為のおそれが増大することから、これを防止するため、以下のような規定を設けています。

    • (1) 特典の制限に関する規定

      条約の特典を受けることができる者を一定の要件を満たす者に限定しています。

    • (2) 条約の特典の濫用のための取引と認められる取引に関する規定

      投資所得に関して、取引の形態に照らしてその取引が条約の特典の濫用と認められる場合には、条約の特典を認めないこととしています。

  • 3.税務当局間の協議に係る仲裁手続の導入

    納税者は、これまでと同様、条約の規定に従っていない課税を受けたと考える場合には、これを解決するための税務当局間の協議(相互協議)を要請することができます。

    新条約では、この協議の一環として、2年以内に税務当局間では解決できなかった事項について、納税者は仲裁への付託を要請できるとする規定を新たに設けています。

  • 4.その他

    上記のほかに以下のような規定を設けています。

    • (1) 両国間で課税上の取扱いが異なる団体に関する規定

    • (2) 移転価格課税の処分の期間制限(課税年度終了時から7年)に関する規定

    • (3) 匿名組合契約に係る所得に対する課税の取扱いに関する規定