このページの本文へ移動

概要・統合条文の一部を修正しました

■ マレーシアの概要(和文)の一部を以下のとおり修正しました。【2021年4月26日】

修正の箇所修正前修正後
1.本条約の対象となる租税条約 ○「所得に対する租税に関する二重課税の回避
   及び脱税の防止のための日本国政府とマレ
  イシア政府との間の協定」(1999年2月19日署
     名、1999年12月31日発効)
 ○「所得に対する租税に関する二重課税の回避
   及び脱税の防止のための日本国政府とマレ
   ーシア政府との間の協定」(1999年2月19日
      署名、1999年12月31日発効)
 ○「所得に対する租税に関する二重課税の回避
   及び脱税の防止のための日本国政府とマレ
  イシア政府との間の協定を改正する議定書」
   (2010年2月10日署名、2010年12月1日発効)
 ○「所得に対する租税に関する二重課税の回避
   及び脱税の防止のための日本国政府とマレ
   ーシア政府との間の協定を改正する議定書」
    (2010年2月10日署名、2010年12月1日発効)


■ マレーシアの統合条文(和文)の一部を以下のとおり修正しました。【2021年4月26日】

修正の箇所修正前修正後
文書全体マレイシアマレーシア
クアラ・ランプ―ルクアラルンプール


■ インドネシアの概要(和文)の一部を以下のとおり修正しました。【2020年12月4日】

修正の箇所修正前修正後
第2段落 我が国が2018年9月26日に提出した留保及び通告並びにインドネシアが2020年4月28日に提出した留保及び通告に基づき、本条約は、以下のとおり、我が国とインドネシアとの間の租税条約について適用されます。 我が国が2018年9月26日に提出した留保及び通告並びにインドネシアが2020年4月28日及び2020年11月26日に提出した留保及び通告に基づき、本条約は、以下のとおり、我が国とインドネシアとの間の租税条約について適用されます。
3.適用の開始 (1) 我が国においては、
   イ  非居住者に対して支払われ、又は貸記さ
          れる額に対して源泉徴収される租税につ
          いては、ンドネシアが行う通告であっ
     て、我が国との租税条約について本条約
          の規定の適用を開始するための国内手続
          が完了した旨の通告を寄託者が受領した
          日の後30日を経過した日以後に開始する
          年の初日以後に生ずる課税事象
   ロ  当該当事国によって課されるその他の
          全ての租税については、インドネシアが
          行う通告であって、我が国との租税条約
          について本条約の規定の適用を開始する
          ための国内手続が完了した旨の通告を寄
          託者が受領した日の後30日を経過した日
          から6か月の期間が満了した時以後に開
          始する課税期間に関して課される租税
 (2) インドネシアにおいては、
   イ   非居住者に対して支払われ、又は貸記
           される額に対して源泉徴収される租税に
           ついては、インドネシアが行う通告であっ
           て、我が国との租税条約について本条約
           の規定の適用を開始するための国内手
           続が完了した旨の通告を寄託者が受領
           した日の後30日を経過した日以後に
           始する年の初日以後に生ずる課税事象
   ロ  当該当事国によって課されるその他の
          全ての租税については、インドネシアが
          行う通告であって、我が国との租税条約に
          ついて本条約の規定の適用を開始するた
          めの国内手続が完了した旨の通告を寄託
          者が受領した日の後30日を経過した日か
     ら6か月の期間が満了した時以後に開始
     する年1月1日以後に開始する課税期
     間に関して課される租税
 (1) 我が国においては、
    イ  非居住者に対して支払われ、又は貸記
           される額に対して源泉徴収される租税に
           ついては、2021年1月1日以後に生ず
      る課税事象




   ロ  当該当事国によって課されるその他の
          全ての租税については、2021年6月26
          以後に開始する課税期間に関して課さ
          れる租税




 (2) インドネシアにおいては、
   イ  非居住者に対して支払われ、又は貸記
          される額に対して源泉徴収される租税に
          ついては、2021年1月1日以後に生ず
          る課税事象




    ロ  当該当事国によって課されるその他
          の全ての租税については、2022年1月
          1日以後に開始する課税期間に関して課
          される租税
注書き(注)インドネシアが上記の通告を行った場合には、あらためてプレスリリースを行う予定です。(削除)


■ インドネシアの概要(英文)の一部を以下のとおり修正しました。【2020年12月4日】

修正の箇所修正前修正後
第2段落 Based on the reservations and notifications submitted by Japan on September 26, 2018 and by Indonesia on April 28, 2020, the MLI applies to the tax treaty between Japan and Indonesia as described below. Based on the reservations and notifications submitted by Japan on September 26, 2018 and by Indonesia on April 28, 2020 and November 26, 2020, the MLI applies to the tax treaty between Japan and Indonesia as described below.
3. Entry into effect (a)  in Japan:
   (i)  with respect to taxes withheld at source
       on amounts paid or credited to non-
       residents, where the event giving rise to
       such taxes occurs on or after the first 
            day of the next calendar year that
            begins on or after 30 days after the
            date of receipt by the Depositary of the 
            notification by Indonesia that it has 
            completed its internal procedures for the
            entry into effect of the provisions of the
            MLI with respect to the tax treaty with
            Japan; and
  (ii)  with respect to all other taxes levied by  
       that Contracting Jurisdiction, for taxes
       levied with respect to taxable periods
       beginning on or after the expiration of 
            a period of six calendar months from 
            30 days after the date of receipt by 
            the Depositary of the notification by 
            Indonesia that it has completed its 
            internal procedures for the entry into 
            effect of the provisions of the MLI with 
            respect to the tax treaty with Japan; and
 (b) in Indonesia:
  (i)   with respect to taxes withheld at source 
            on  amounts paid or credited to non-
            residents, where the event giving rise to
            such taxes occurs on or after the first  
            day of the next calendar year that 
            begins on or after 30 days after the 
            date of receipt by the Depositary of the 
            notification by Indonesia that it has 
            completed its internal procedures for 
            the entry into effect of the provisions of
            the MLI with respect to the tax treaty
            with Japan; and
   (ii)   with respect to all other taxes levied by
            that Contracting Jurisdiction, for taxes
            levied with respect to taxable periods
            beginning on or after 1 January of the 
            next year beginning on or after the 
            expiration of a period of six calendar 
            months from 30 days after the date of 
            receipt by the Depositary of the 
            notification by Indonesia that it has 
            completed its internal procedures for 
            the entry into effect of the provisions 
            of the MLI with respect to the tax
            treaty with Japan.
 (a)  in Japan:
   (i)    with respect to taxes withheld at source
      on amounts paid or credited to non-
             residents, where the event giving rise
             to such taxes occurs on or after 
             January 1, 2021; and







   (ii)    with respect to all other taxes levied
             by that Contracting Jurisdiction, for
             taxes levied with respect to taxable
             periods beginning on or after June 26, 
             2021; and






 (b)  in Indonesia:
   (i)  with respect to taxes withheld at source  
     on amounts paid or credited to non-
     residents, where the event giving rise
     to such taxes occurs on or after
     January 1, 2021; and







   (ii)    with respect to all other taxes levied
             by  that Contracting Jurisdiction, for
             taxes levied with respect to taxable
             periods beginning on or after January 
             1, 2022.
注書き* A new press release will be issued once Indonesia makes the above-mentioned notification.(削除)

■ インドネシアの統合条文(和文)の一部を以下のとおり修正しました。【2020年12月4日】

修正の箇所修正前修正後
1頁 この文書は、日本国によって2018年9月26日に、及びインドネシアによって2020年4月28日に寄託者(経済協力開発機構事務総長)にそれぞれ提出された留保及び通告に基づいて作成されている。 この文書は、日本国によって2018年9月26日に、並びにインドネシアによって2020年4月28日及び2020年11月26日に寄託者(経済協力開発機構事務総長)にそれぞれ提出された留保及び通告に基づいて作成されている。
2頁 (a) 日本国においては、
  (i)  非居住者に対して支払われ、又は貸記さ
          れる額に対して源泉徴収される租税につ
          いては、インドネシアが行う通告であっ
          て、協定についてBEPS防止措置実施
          条約の規定の適用を開始するための国内
          手続が完了した旨のものを寄託者が受領
          した日の後30日を経過した日以後に開始
          する年の初日以後に生ずる課税事象
  (ii)   日本国によって課されるその他の全ての
           租税については、インドネシアが行う通告
           であって、協定についてBEPS防止措置
           実施条約の規定の適用を開始するため
           の国内手続が完了した旨のものを寄託
           者が受領した日の後30日を経過した日
           から6か月の期間が満了した時以後に
           開始する課税期間に関して課される租税
 (b) インドネシアにおいては、
  (i)  非居住者に対して支払われ、又は貸記さ
           れる額に対して源泉徴収される租税につ
           いては、インドネシアが行う通告であっ
           て、協定についてBEPS防止措置実施
           条約の規定の適用を開始するための国
           内手続が完了した旨のものを寄託者が
           受領した日の後30日を経過した日以後
           に開始する年の初日以後に生ずる課税
           事象
  (ii)  インドネシアによって課されるその他
           の全ての租税については、インドネシア
           が行う通告であって、協定についてBE
           PS防止措置実施条約の規定の適用を開
           始するための国内手続が完了した旨のも
           のを寄託者が受領した日の後30日を経過
           した日から6か月の期間が満了した時以
           後に開始する年1月1日以後に開始す
           る課税期間に関して課される租税
 (a) 日本国においては、
  (i)  非居住者に対して支払われ、又は貸記さ
          れる額に対して源泉徴収される租税につ
          いては、2021年1月1日以後に生ずる
          課税事象




  (ii)  日本国によって課されるその他の全ての
          租税については、2021年6月26日以後
          に開始する課税期間に関して課される租
          税




 (b) インドネシアにおいては、
  (i)  非居住者に対して支払われ、又は貸記さ
          れる額に対して源泉徴収される租税につ
          いては、2021年1月1日以後に生ずる
          課税事象





  (ii) インドネシアによって課されるその他の全
          ての租税については、2022年1月1日以後
          に開始する課税期間に関して課される租
          税

■ インドネシアの統合条文(英文)の一部を以下のとおり修正しました。【2020年12月4日】

修正の箇所修正前修正後
1頁 This document was prepared on the basis of the reservations and notifications submitted to the Depositary (the Secretary-General of the Organisation for Economic Co-operation and Development) by Japan on September 26, 2018 and by Indonesia on April 28, 2020 respectively. This document was prepared on the basis of the reservations and notifications submitted to the Depositary (the Secretary-General of the Organisation for Economic Co-operation and Development) by Japan on September 26, 2018 and by Indonesia on April 28, 2020 and November 26, 2020 respectively.
2頁 (a) in Japan:
  (i)  with respect to taxes withheld at source
     on amounts paid or credited to non-
           residents, where the event giving rise to
           such taxes occurs on or after the first 
           day of the next calendar year that 
           begins on or after 30 days after the date 
           of receipt by the Depositary of the 
           notification by Indonesia that it has 
           completed its internal procedures for the 
           entry into effect of the provisions of the 
           MLI with respect to the Agreement; and
  (ii)  with respect to all other taxes levied by
           Japan, for taxes levied with respect to
           taxable periods beginning on or after 
           the expiration of a period of six calendar 
           months from 30 days after the date of 
           receipt by the Depositary of the 
           notification by Indonesia that it has 
           completed its internal procedures for the 
           entry into effect of the provisions of the 
           MLI with respect to the Agreement; and
 (b) in Indonesia:
  (i)  with respect to taxes withheld at source
           on amounts paid or credited to non-
           residents, where the event giving rise to
           such taxes occurs on or after the first 
           day of the next calendar year that 
           begins on or after 30 days after the date 
           of receipt by the Depositary of the 
           notification by Indonesia that it has 
           completed its internal procedures for the 
           entry into effect of the provisions of the 
           MLI with respect to the Agreement; and
  (ii)  with respect to all other taxes levied by
           Indonesia, for taxes levied with respect
           to  taxable periods beginning on or after 
           1 January of the next year beginning on 
           or after the expiration of a period of six 
           calendar months from 30 days after the 
           date of receipt by the Depositary of the 
           notification by Indonesia that it has 
           completed its internal procedures for the 
           entry into effect of the provisions of the 
           MLI with respect to the Agreement.
 (a) in Japan:
  (i)  with respect to taxes withheld at source
           on amounts paid or credited to non-
           residents, where the event giving rise to
           such taxes occurs on or after January 1, 
           2021; and






  (ii)  with respect to all other taxes levied by
           Japan, for taxes levied with respect to 
           taxable periods beginning on or after 
           June 26, 2021; and






 (b) in Indonesia:
  (i)  with respect to taxes withheld at source
           on amounts paid or credited to non-
           residents, where the event giving rise to
           such taxes occurs on or after January 1, 
           2021; and






  (ii)  with respect to all other taxes levied by
            Indonesia, for taxes levied with respect
            to taxable periods beginning on or after 
            January 1, 2022.

■ フィンランドの統合条文(和文)の一部を以下のとおり修正しました。【2019年8月9日】

修正の箇所修正前修正後
25頁1 フィンランドは、いずれかの締約国の租税回避を防止する規則の適用に関する事案をBEPS防止措置実施条約第六部の対象から除外する権利を留保する。この1の適用上、フィンランドの租税回避を防止する規則には、賦課手続に関する法律(一五五八・一九九五)第二十七条から第三十条まで、事業利得及び職業活動から生ずる所得に対する課税に関する法律(三六〇・一九六八)第六a条及び第五十二h条並びに被支配外国法人の株主に対する課税に関する法律(一二一七・一九九四)を含む。この留保には、これらの租税回避を防止する規則を今後代替し、改正し、又は改定する規定を含む。フィンランドは、当該規定を寄託者に通告する。1 フィンランドは、いずれかの締約国の租税回避を防止する規則の適用に関する事案をBEPS防止措置実施条約第六部の対象から除外する権利を留保する。この1の適用上、フィンランドの租税回避を防止する規則には、賦課手続に関する法律(一五五八・一九九五)第二十七条から第三十条まで、事業利得及び職業活動から生ずる所得に対する課税に関する法律(三六〇・一九六八)第六a条及び第五十二h条並びに被支配外国法人の株主に対する課税に関する法律(一二一七・一九九四)を含む。この留保には、これらの租税回避を防止する規則を今後代替し、改正し、又は改定する規定を含む。フィンランドは、当該規定を寄託者に通告する。

■ フィンランドの統合条文(英文)の一部を以下のとおり修正しました。【2019年8月9日】

修正の箇所修正前修正後
29頁1. Finland reserves the right to exclude from the scope of Part VI of the MLI cases involving the application of domestic anti-avoidance rules of either Contracting State. For this purpose, Finland's domestic anti-avoidance rules shall include Act on Assessment Procedure (verotusmenettelystä annettu laki (1558/1995)) sections 27 - 30, Act on the Taxation of Business Profits and Income from Professional Activities (elinkeinotulon verottamisesta annettu laki (360/1968)) section 6 a, subsection 8 and section 52 h and Act on the Taxation of Shareholders in Controlled Foreign Companies (ulkomaisten väliyhteisöjen osakkaiden verotuksesta annetun laki (1217/1994)). Any subsequent provisions replacing, amending or updating these antiavoidance rules would also be included in this reservation. Finland shall notify the Depositary of any such subsequent provisions.1. Finland reserves the right to exclude from the scope of Part VI of the MLI cases involving the application of domestic anti-avoidance rules of either Contracting State. For this purpose, Finland's domestic anti-avoidance rules shall include Act on Assessment Procedure (verotusmenettelystä annettu laki (1558/1995)) sections 27 - 30, Act on the Taxation of Business Profits and Income from Professional Activities (elinkeinotulon verottamisesta annettu laki (360/1968)) section 6 a, subsection 9 and section 52 h and Act on the Taxation of Shareholders in Controlled Foreign Companies (ulkomaisten väliyhteisöjen osakkaiden verotuksesta annetun laki (1217/1994)). Any subsequent provisions replacing, amending or updating these antiavoidance rules would also be included in this reservation. Finland shall notify the Depositary of any such subsequent provisions.


■ フランスの統合条文(和文)の一部を以下のとおり修正しました。【2019年1月17日】

修正の箇所修正前修正後
38頁1 フランスは、BEPS防止措置実施条約第六部の規定に基づいて仲裁に付託することができる事案から、日本国において課税標準に含まれないことを理由として、又は日本国の租税に関する国内法令の下において免税若しくは無税となることに基づいて、日本国によって租税を課されない所得に関する事案を除外する権利を留保する。

1 フランスは、BEPS防止措置実施条約第六部の規定に基づいて仲裁に付託することができる事案から、一方の締約国において課税標準に含まれないことを理由として、又は当該一方の締約国の租税に関する国内法令の下において免税若しくは無税となることに基づいて、当該一方の締約国によって租税を課されない所得に関する事案を除外する権利を留保する。