財務総合政策研究所

サイトマップ

財務総研トピックス

11月の主な活動

○11月14日(月曜日)〜11月18日(金曜日):「根本所長、田中副所長の中国訪問(中国財政科学研究院(CAFS)との
共同セミナーの開催及び中国主要研究機関並びに日系企業等との意見交換)」

財務総合政策研究所では、中国の主要研究機関との間で、経済・財政分野での研究交流を行っています。 北京では、11月15日、中国の主要研究機関である中国財政科学研究院(CAFS)と「高齢化社会における経済成長」をテーマとした共同セミナーを開催しました。

また、北京では中国社会科学院(CASS) 世界経済・政治研究所等、上海では上海WTO事務諮詢センター等を訪問し、中国の経済情勢に関する意見交換を行いました。その他、済南及び青島の日系企業を訪問し、中国の景気動向、地方の経済状勢等に関する意見交換を行いました。

(詳細については、後日、財務総合政策研究所ホームページに掲載する予定です。)

共同セミナーの集合写真 根本所長の挨拶
【共同セミナーの集合写真】
【根本所長の挨拶】
松岡総務研究部長によるセミナー発表 石川主任研究官によるセミナー発表
【松岡総務研究部長によるセミナー発表】
【石川主任研究官によるセミナー発表】
中国社会科学院 世界経済・政治研究所との面談 上海WTO事務諮詢センターとの面談
【中国社会科学院 世界経済・政治研究所との面談】
【上海WTO事務諮詢センターとの面談】

11月の研究会等

○11月11日(金曜日):「アジア諸国の高齢化と財政への影響」第1回会合

第1回会合では、松岡裕之(財務総合政策研究所総務研究部長)から「日本の少子高齢化と財政」について、吉野直行(アジア開発銀行研究所長)、宮本弘曉(東京大学公共政策大学院特任准教授)から「高齢化が進展する日本経済における財政・金融政策の効果について」について、ルーク・ホン(AMRO(ASEAN+3 Macroeconomic Research Office)グループ・ヘッド)から「高齢化と財政の影響:アジア諸国のケース」についての報告があり、その後、題目に関する質疑応答を行いました。
リンク先:http://www.mof.go.jp/pri/research/conference/adbi.htm
 

○11月25日(金曜日):「企業の投資戦略に関する研究会―イノベーションに向けて―」第4回会合

第4回会合では、戸堂康之(早稲田大学政治経済学術院経済学研究科教授)から「日本企業の投資戦略−世界の企業ネットワークの分析から−」について、金榮愨(専修大学経済学部准教授)から「無形資産投資(R&D、ICTなど)」について、山名一史(財務総合政策研究所研究官)、楡井誠(財務総合政策研究所総括主任研究官)から「シェアリングエコノミーの定量分析〜ライドシェアと民泊の事例を用いて〜」について、奥愛(財務総合政策研究所主任研究官)、橋秀行(財務総合政策研究所研究員)から「中小企業の投資戦略−新たな技術の取り込みへ−」について、鶴岡将司(財務総合政策研究所主任研究官)、福元渉(財務総合政策研究所研究員)から「経済構造の変化を踏まえた投資対象の拡張」についての報告があり、その後、題目に関する質疑応答と研究会最終回にあたっての総括討議を行いました。
リンク先:http://www.mof.go.jp/pri/research/conference/investment.htm
 

企業の投資戦略に関する研究会メンバー

 

先端セミナー

財務総合政策研究所では、第一線の研究者を講師にお招きし、学会の先端的な研究内容や技術的にやや高度な研究内容についてレクチャーいただく先端セミナーを開催しました。

財務省職員が多数参加し、御講演後の質疑応答では、積極的に参加者からの発言があるなど、議論への関心の高さがうかがえました。

 

11月2日(水曜日)   飯星博邦 首都大学東京社会科学研究科教授
演題 :
 
講師 :
「Zero interest rate policy and asymmetric price adjustment in Japan :
an empirical analysis of a nonlinear DSGE model」
飯星 博邦 首都大学東京社会科学研究科教授
11月15日(火曜日)   Paola Subacchi博士 チャタムハウス
演題 :
講師 :
「"The People's Money" How china is building a global currency」
Paola Subacchi 博士 チャタムハウス

 

ランチミーティング

財務省の政策立案に資する観点から、幅広い観点からの有益な情報を得るため、内外から多様な知見を有する方をお招きし、広範囲かつ先端的な情報を聴取しております。

11月は、以下のとおり開催しました。

 

11月2日(水曜日)   清田辰巳 財務省情報化統括責任者(CIO)上席補佐官
演題 :
講師 :
「サイバー攻撃を巡る最近の動向について」[3.3mb,PDF]
清田 辰巳 財務省情報化統括責任者(CIO)上席補佐官
11月24日(木曜日)   山口真一 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)専任講師
演題 :
 
講師 :
「ネット炎上と情報社会の未来:統計分析による実態解明と予防・対処」[1.6mb,PDF]
山口 真一 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)専任講師

 

財務総研研究会

財務総合政策研究所では、ディスカッション・ペーパーの発表に先立つ所内での内容検討等を行う財務総研研究会を開催しております。

11月は、以下のとおり開催しました。

11月7日(月曜日)
演題    : 「中国経済の現状と見通し」
発表者 : 北浦 修敏(世界平和研究所主任研究員/財務総研客員研究員)

 

受賞のお知らせ

当研究所の折原正訓研究官が、政策研究大学院大学の長谷川誠助教授と取り組んだ国際課税に関する共著論文「The Impacts of a Territorial Tax Reform on Dividend Repatriations and Domestic Corporate Activities: Evidence from Japan」により、日本財政学会第73回大会において学会奨励賞を受賞しました。

受賞対象となった論文は、平成21年度に導入された外国子会社配当益金不算入制度の政策効果を実証的に分析しています。本論文は、内部留保を蓄積していた海外子会社からの国内への資金還流が増加したことや、還流資金が主に研究開発投資および無形資産投資に用いられたことなどを実証的に明らかにしています。

授与式は10月22日に行われ、折原研究官らには賞状と副賞が贈られました。

 

訃報

当研究所の貝塚啓明顧問(名誉所長)は、去る10月25日に逝去され、11月24日に「お別れの会」が開催されました。

ご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表するとともに、長年に亘る当研究所へのご厚誼に深く感謝申し上げ、衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

11月の刊行物

財務総研トピックス(月別)

月別の財務総研トピックスはこちらから