財務総合政策研究所

サイトマップ

財務総研トピックス

7月の主な活動

○ 7月29日(金): 「2016年度中央アジア・コーカサスセミナー」の開講

財務総合政策研究所では、中央アジア・コーカサス地域の財務省等の若手幹部候補生を日本に受入れ、我が国の制度、特に財政及び経済に関する知識・経験の提供を通じ、人材育成を目的とする「中央アジア・コーカサスセミナー」を毎年開催しています。今年度は、7カ国から20名を受入れ、7月29日〜8月25日の日程で開講しています。(詳細については、後日財務総合政策研究所ホームページに掲載する予定です。)

開講式

【開講式】

 

先端セミナー

財務総合政策研究所では、第一線の研究者を講師にお招きし、学会の先端的な研究内容や技術的にやや高度な研究内容についてレクチャーいただく先端セミナーを開催しました。

財務省職員が多数参加し、御講演後の質疑応答では、積極的に参加者からの発言があるなど、議論への関心の高さがうかがえました。

 

7月7日(木)
演題 : 「日本のM&A市場における組織改編税制の影響:Yahoo!事件の一般化可能性」
講師 : 恩地 一樹 大阪大学経済学研究科准教授

 

7月21日(木)
演題 : 「不動産の経年減価と生産関数」
講師 : 吉田 二郎 ペンシルベニア州立大学スミール経営学部准教授

 

ランチミーティング

財務省の政策立案に資する観点から、幅広い観点からの有益な情報を得るため、内外から多様な知見を有する方をお招きし、広範囲かつ先端的な情報を聴取しております。

7月は、以下のとおり開催しました。

7月15日(金)
演題 : 「外国人観光客に大阪の魅力を伝える−道頓堀ホテルの選択と集中の戦略−」
講師 : 橋本 明元 株式会社王宮 道頓堀ホテル専務取締役

 

7月の刊行物

財務総研トピックス(月別)

月別の財務総研トピックスはこちらから