財務総合政策研究所

サイトマップ

財務総研トピックス

4月の主な活動

○ 4月24日(日)〜4月28日(木) 冨永所長の中国訪問(北京・武漢)(中国主要研究機関及び日系企業等との意見交換)

財務総合政策研究所では、中国の主要研究機関との間で、経済・財政分野での研究交流を行っています。

北京では、中国の主要な研究機関である財政科学研究院(RIFS)、社会科学院(CASS)等を訪問し、第13次5カ年計画及び中国の経済情勢に関する意見交換を行いました。

また、北京及び武漢の日系企業も訪問し、中国の景気動向、地方の経済状勢等に関する意見交換を行いました。

(詳細については、後日財務総合政策研究所ホームページに掲載する予定です。)

財政科学研究院にて 左:劉院長、右:冨永所長

【財政科学研究院にて 左:劉院長、右:冨永所長】

 

4月の研究会等

○ 4月20日(水)

「女性の活躍に関する研究会−多様性を踏まえた検討−」の報告書の公表
※報告書リンク先はこちら

財務総合政策研究所は、平成27年9月から平成28年1月にかけて「女性の活躍に関する研究会−多様性を踏まえた検討−」(座長:加藤久和 明治大学教授)を開催しました。今般、研究会における議論を踏まえた論文からなる報告書を取りまとめました。

研究会では、多様な委員の参加を得て、人々の意識や働く場の状況、保育ニーズの多様性に関する知見を深め、社会・経済の持続性を展望する上で不可欠な「女性が活躍できる環境の整備」について議論を行いました。

女性の活躍と男性の家事・育児参画は表裏一体として推進されるべきものであり、女性の一層の活躍のために、性別役割分担にかかる意識改革のほか、働き方と評価の改革、育児環境の充実が必要とされました。

なお、本報告書の内容や意見はすべて執筆者個人の見解であり、財務省あるいは財務総合政策研究所の公式見解を示すものではありません。

 

職員セミナー

財務総合政策研究所は、「財務省の総合的研修機関」として、財務本省幹部から新規採用職員にいたるまで、各階層に応じた研修も実施しています。

「職員セミナー」は、幹部職員向け研修の一環として、様々な分野でご活躍されている方を講師にお招きして開催しており、今月は、以下のとおり実施しました。

 

4月12日(火)
演題 : 「イスラーム国と中東情勢」 
講師 : 池内 恵 (東京大学 准教授)

 

ランチミーティング

財務省の政策立案に資する観点から、幅広い観点からの有益な情報を得るため、内外から多様な知見を有する方をお招きし、広範囲かつ先端的な情報を聴取しております。

4月は、以下のとおり開催しました。

4月21日(木)
演題 : 「人工知能でビジネスはどう変わるか」
講師 : 矢野 和男 (株式会社日立製作所理事研究開発グループ技師長)

 

4月のDP(ディスカッション・ペーパー)

題  名

執 筆 者

Taxes, stock ownership, and payout policy: Evidence from a 2011 tax reform in Japan [480kb,PDF]

大阪大学経済学研究科准教授

恩地 一樹

財務省財務総合政策研究所研究官

折原 正訓

4月の刊行物

財政金融統計月報 第767号「地域経済特集」

財務総研トピックス(月別)

月別の財務総研トピックスはこちらから