現在位置 : トップページ > よくあるご質問 > 通貨 > お金の偽造防止技術にはどのようなものがあるのですか

お金の偽造防止技術にはどのようなものがあるのですか

【答】

お金には偽造防止のために、次のような技術が採用されています。

  1. 貨幣(500円ニッケル黄銅貨幣)の場合
    ・潜像加工・・・傾けると見る角度によって数字が見え隠れします。
    ・斜めギザ・・・偽造抵抗力を高めるため、貨幣の側面のギザを斜めに入れています。
    ・微細点・・・・転写等による偽造を防ぐため、微細な穴加工を行っています。
    ・微細線・・・・転写等による偽造を防ぐため、微細な線模様を施しています。
  2.  

  3. 日本銀行券(E一万円券)の場合
    ・すき入れ・・・光に透かすと、肖像などの図柄が見えます。
    ・すき入れバーパターン・・・光に透かすと、すき入れられた3本の縦棒が見えます。
    ・パールインキ・・・お札を傾けるとピンク色を帯びたパール光沢のある半透明な模様が浮かび上がります。
    ・マイクロ文字・・・コピー等では再現困難な微小な文字が印刷されています。
    ・深凹版印刷・・・インキが高く盛り上がっており、手で触るとザラザラした感じがあります。
    ・潜像模様・・・傾けると見る角度によって数字が見え隠れします。
    ・ホログラム・・・傾けると見る角度によって画像の色や模様が変化して見えます。
        

 

財務省の政策