現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 関税・外国為替等審議会 > 関税・外国為替等審議会関税分科会 > 答申・報告等 > 経済上の連携に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定の締結に対応した関税率等の改正について

経済上の連携に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定の締結に対応した関税率等の改正について

経済上の連携に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定の締結に対応した関税率等の改正について(答申)

平成18年9月13日

関税・外国為替等審議会


平成18年9月13日
財務大臣 谷垣禎一 殿
関税・外国為替等審議会会長
吉野直行

答  申  書

平成17年4月4日付財関第406号をもって諮問のあった関税率等の改正について、本審議会の意見を下記のとおり答申する。

経済上の連携に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定の締結に対応した関税率等の改正について、別紙のとおり行うことが適当である。



 [ 答申の概要 ]


  参 考(PDF:100KB)

財務省の政策