現在位置 : トップページ > 身近な税 > 身近な税

身近な税

身近な税

Q&A 〜身近な税について調べる〜

Q 住民税について教えてください。所得税とはどう違うのですか?そもそも国税と地方税の違いはなんですか?

A 回答

 公的なサービスは、国と地方とで分担して提供しています。その費用は、国も地方も、主に税金によってまかなわれています。

 教育、福祉、消防・救急、ゴミ処理といった、私たちの生活に身近な行政サービスの多くは、市区町村や都道府県によって提供されています。地方税は、こうしたサービスをまかなうためのお金であり、その地域に住む人たちなどが広く負担を分かち合うもの(地域社会の会費)です。

 地方税の中でも、所得税(国の税金)と同じく、私たちに身近な税が、住民税です。住民税は、広く、その地域に住む人たちが、地域社会の費用を分担するもので、「市町村民税」と「道府県民税」があります。

 住民税には「個人住民税」と「法人住民税」があり、その市区町村(都道府県)に住所などがある人が負担するものが「個人住民税」です。

image17.png PDFを表示

Copyright © Ministry of Finance Japan

財務省の政策