現在位置 : トップページ > 身近な税 > 身近な税

身近な税

身近な税

Q&A 〜身近な税について調べる〜

Q 所得税の負担はどう変化しているのですか?

A 回答

 所得税の税率は、かつては70%と、とても高い税率でしたが、消費税を導入した時以降、税の負担感を軽くすることなどを目的として、引き下げられてきました。

 その後、所得税の持つ再分配機能(社会の中で富を移す機能)を回復させる(強める)ため、平成27年分以後は、所得税がかかる部分が4,000万円を超える部分の税率が、45%になりました(最高税率の引上げ)。現行の税率のイメージは下の図のとおりです。

image14.png PDFを表示

 現在、所得税がかかる収入は、全体で約260兆円ありますが、色々な控除により、所得税がかかる部分の金額は、全体で約110兆円になっています(収入全体の約42%程度)。この額に対して、所得税額は約12.5兆円となっています。(つまり、所得税は、収入全体の約5%程度が課税されていることになります。)

image15.png PDFを表示

 実際に適用される税率ごとに、どれくらいの割合の方がいるのかを見ると、最低の税率(5%)が適用される方が約6割を占めます。また、8割強の方にとっては、適用される税率は10%以下です。

image16.png PDFを表示

Copyright © Ministry of Finance Japan

財務省の政策