現在位置 : トップページ > 身近な税 > 身近な税

身近な税

身近な税

Q&A 〜身近な税について調べる〜

Q 事業を引き継ぐのですが、事業承継税制について教えてください。

A 回答

相続税については、もあわせてご覧ください。

 事業を引き継ぐ後継者が、先代の経営者から、相続や贈与により、上場していない会社の株式を受け取り、その会社を経営していく場合には、一定の条件を満たせば、相続税の一部又は贈与税の全額を納めることを先延ばしすることができます(「猶予」といいます)。このしくみを「事業承継税制」と言います。

 なお、この猶予を受けた後継者が亡くなった場合や、一定期間が経過した後に、贈与により事業を引き継いだ場合には、この猶予されていた相続税又は贈与税について、納めなくとも良くなります(「免除」といいます)。詳しくは、所轄の税務署へお問い合わせください。

PDFを表示

Copyright © Ministry of Finance Japan

財務省の政策