このページの本文へ移動

東京栄養サミット公式サイドイベント~Investing in Nutrition – Role of catalytic financing~を開催します。(令和3年12月8日)

令和3年12月8日

財務省

東京栄養サミット公式サイドイベント~Investing in Nutrition – Role of catalytic financing~を開催します。(令和3年12月8日)

12月7、8日に東京で開催される東京栄養サミットの機会に、財務省、世界銀行グループ(世銀)、女性・子ども・青少年のためのグローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)、日本国際交流センター(JCIE)の共催で、公式サイドイベントを開催します。
本イベントでは、日本と世銀グループのパートナーシップによる栄養分野へのこれまでの取り組みの紹介、どのように栄養分野の資金を確保していくのか、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)ファイナンス及びパンデミックの予防・備え・対応の強化という国際保健アジェンダにおいてどのように栄養分野を主流化していくか、栄養分野を国家の保健プログラムにどのように統合していくか、GFF及び栄養改善拡充のための日本信託基金が支援するイニシアティブの計画と実施のプロセスにおいて、様々なアクターがどのように連携していくか等、について議論します。ぜひご参加ください。

【概要】
日時:2021年12月8日(水)20:30-21:45
形式:Zoomウェビナー
言語:日本語・英語<同時通訳>
参加費:無料
定員:500名
プログラム
1. オープニングスピーチ(武見敬三参議院議員兼JCIEシニアフェロー)(5分)
2. 共催者オープニングスピーチ(マリ・パンゲストゥ世界銀行専務理事)(5分)
3. パネルディスカッション(60分)
  • マーティン・バン・ニューコープ世界銀行農業・食料グローバルプラクティスディレクター(チェア)
  • フアン・パブロ・ウリベGFFディレクター兼世界銀行保健・栄養・人口グローバルプラクティスディレクター
  • スプラヨガ・ハディ副大統領府補佐官(人間開発・平等政策支援担当)(インドネシア)
  • ナディーン・ウムトニ・ガツィンジ国家児童開発庁長官(ルワンダ)
  • 佐藤正国際協力機構(JICA)上級審議役
  • マティ・ディア・ワンドラーPAI(Population Action International)GFF投資グループ市民社会組織代表
4. クロージングスピーチ(三村財務省国際局長)(5分)

※本イベントは原則事前登録制です。事前登録いただいた方には、後日参加用リンクをご案内致します。
登録用リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_BZrIYuJ9SmONIwRunRFEsA新しいウィンドウで開きます[Zoomミーティング事前登録用URL]

※1 GFF: 2015年設立。女性や子供の栄養状態改善を含む母子保健分野の政策策定や、実施能力の向上のための技術支援を実施。策定された計画の実行について、世銀の低利融資等を受けることをGFFによる支援の条件とすることで、資金動員効果を企図。
※2 栄養改善拡充のための日本信託基金: 2009年設立。重度栄養不良国に対し、栄養改善に係る政策の策定や、実施能力の向上のための技術支援を行い、当該国や世銀等による栄養関連の投資を後押し。