現在位置 : トップページ > 国際政策 > 関連資料・データ > 国際収支状況 > 統計のお知らせ > 国際収支状況の新しい公表様式等をお知らせします

国際収支状況の新しい公表様式等をお知らせします

平成26年2月28日
日  本  銀  行
国際収支状況の新しい公表様式等をお知らせします
 

  

 「国際収支関連統計の見直し」に関するお知らせ(平成25年10月8日公表)でお伝えしたとおり、平成26年3月10日公表予定の平成26年1月中の国際収支状況(速報)から、大幅な見直しが実施されます。
 これに伴う国際収支状況(速報)の新しい公表様式は別添1(PDF:289KB)のとおりとなります。従来の様式からの主な変更箇所等は以下のとおりです。

  主な変更箇所等 

 

項目

内容

全般

主要項目の組み替え

金融収支

「投資収支」、「外貨準備増減」を統合

資本移転等収支

「その他資本収支」を「経常収支」、「金融収支」と並ぶ大項目に変更

符合表示の変更

金融収支

資産・負債の増加をプラス(+)、減少をマイナス(-)と表示

項目名の変更

第一次所得収支

「所得収支」から変更

第二次所得収支

「経常移転収支」から変更

項目の拡充

投資ファンド持分

証券投資の下位項目として新設

付表1

サービス収支

その他サービス

内訳項目を9分類から10分類に改編

付表2

U.対外・対内直接投資 (地域別内訳)

実行、回収

ネットに加えて、新たに実行、回収を追加

付表3

U.投資家部門別対外証券投資

投資家部門

従来の3部門(公的・銀行・その他)から5部門(中央銀行・一般政府・ 預金取扱機関・その他金融機関・その他(一般事業法人、個人等)) に細分化

 

 なお、平成25年(2013年)までの計数を新たな基準に遡及して組み替えた計数の概要(総括表・暦年)は別添2(PDF:105KB)のとおりです。

 

 

問い合わせ先

財務省国際局為替市場課  Tel:03-3581-4111 内線2860,2888

日本銀行国際局国際収支課 Tel:03-3279-1111 内線3710