Location : HOME > Tax Policy > Tax Conventions > A Synthesised Text was partially modfied

A Synthesised Text was partially modfied

 - The Synthesised Text (Japanese) of Finland was partially modified as follows. (August 9, 2019)

PageBeforeAfter
P.251 フィンランドは、いずれかの締約国の租税回避を防止する規則の適用に関する事案をBEPS防止措置実施条約第六部の対象から除外する権利を留保する。この1の適用上、フィンランドの租税回避を防止する規則には、賦課手続に関する法律(一五五八・一九九五)第二十七条から第三十条まで、事業利得及び職業活動から生ずる所得に対する課税に関する法律(三六〇・一九六八)第六a条及び第五十二h条並びに被支配外国法人の株主に対する課税に関する法律(一二一七・一九九四)を含む。この留保には、これらの租税回避を防止する規則を今後代替し、改正し、又は改定する規定を含む。フィンランドは、当該規定を寄託者に通告する。1 フィンランドは、いずれかの締約国の租税回避を防止する規則の適用に関する事案をBEPS防止措置実施条約第六部の対象から除外する権利を留保する。この1の適用上、フィンランドの租税回避を防止する規則には、賦課手続に関する法律(一五五八・一九九五)第二十七条から第三十条まで、事業利得及び職業活動から生ずる所得に対する課税に関する法律(三六〇・一九六八)第六a条及び第五十二h条並びに被支配外国法人の株主に対する課税に関する法律(一二一七・一九九四)を含む。この留保には、これらの租税回避を防止する規則を今後代替し、改正し、又は改定する規定を含む。フィンランドは、当該規定を寄託者に通告する。


















 
 - The Synthesised Text (English) of Finland was partially modified as follows. (August 9, 2019)

PageBeforeAfter
P.291. Finland reserves the right to exclude from the scope of Part VI of the MLI cases involving the application of domestic anti-avoidance rules of either Contracting State. For this purpose, Finland's domestic anti-avoidance rules shall include Act on Assessment Procedure (verotusmenettelystä annettu laki (1558/1995)) sections 27 - 30, Act on the Taxation of Business Profits and Income from Professional Activities (elinkeinotulon verottamisesta annettu laki (360/1968)) section 6 a, subsection 8 and section 52 h and Act on the Taxation of Shareholders in Controlled Foreign Companies (ulkomaisten väliyhteisöjen osakkaiden verotuksesta annetun laki (1217/1994)). Any subsequent provisions replacing, amending or updating these antiavoidance rules would also be included in this reservation. Finland shall notify the Depositary of any such subsequent provisions.1. Finland reserves the right to exclude from the scope of Part VI of the MLI cases involving the application of domestic anti-avoidance rules of either Contracting State. For this purpose, Finland's domestic anti-avoidance rules shall include Act on Assessment Procedure (verotusmenettelystä annettu laki (1558/1995)) sections 27 - 30, Act on the Taxation of Business Profits and Income from Professional Activities (elinkeinotulon verottamisesta annettu laki (360/1968)) section 6 a, subsection 9 and section 52 h and Act on the Taxation of Shareholders in Controlled Foreign Companies (ulkomaisten väliyhteisöjen osakkaiden verotuksesta annetun laki (1217/1994)). Any subsequent provisions replacing, amending or updating these antiavoidance rules would also be included in this reservation. Finland shall notify the Depositary of any such subsequent provisions.

























 - The Synthesised Text (Japanese) of France was partially modified as follows. (January 17, 2019)

PageBeforeAfter
P.381 フランスは、BEPS防止措置実施条約第六部の規定に基づいて仲裁に付託することができる事案から、日本国において課税標準に含まれないことを理由として、又は日本国の租税に関する国内法令の下において免税若しくは無税となることに基づいて、日本国によって租税を課されない所得に関する事案を除外する権利を留保する。

1 フランスは、BEPS防止措置実施条約第六部の規定に基づいて仲裁に付託することができる事案から、一方の締約国において課税標準に含まれないことを理由として、又は当該一方の締約国の租税に関する国内法令の下において免税若しくは無税となることに基づいて、当該一方の締約国によって租税を課されない所得に関する事案を除外する権利を留保する。