現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 国際的な取組み > APEC(アジア太平洋経済協力)

APEC(アジア太平洋経済協力: Asia-Pacific Economic Cooperation)

1.概要及び組織

 APECは貿易・投資分野を中心にアジア・太平洋の経済協力を議論するフォーラムです。ホーク豪州首相(当時)の提唱により、平成元年11月に第1回閣僚会議(外相・貿易担当相が出席)が豪州(キャンベラ)で開催され、これまで毎年1回開催されています。また、平成5年からは首脳会議が、平成6年からは財務大臣会合がそれぞれ毎年開催されている他、各分野別に大臣会合が開催されています。
 APEC首脳・閣僚会議を始めとする各種関連会合は、毎年参加エコノミー(国・地域)が持ち回りで開催しており、平成29年はベトナムがホストエコノミーを務めています。なお、我が国は平成7年及び平成22年にホストエコノミーを務めました。

 APEC首脳・閣僚会議の下には、APEC活動全体の調整を行う高級実務者会合(SOM: Senior Officials Meeting)が設けられ、その下に、貿易投資委員会(CTI: Committee on Trade and Investment)等多数のフォーラムが分野別に設けられており、貿易・投資の自由化・円滑化を中心に議論しています。


(参考)

2.関税局・税関での取り組み

 関税局・税関は、CTIの下に設置されている税関手続小委員会(SCCP: Sub-Committee on Customs Procedures)の活動を中心に参画しています。SCCPにおいては、税関手続の調和・簡素化を目的とする共同行動計画(CAP: Collective Action Plan)を設定し、技術協力等を通じ、各エコノミーが着実にCAPを実施する等、貿易円滑化等に向けた活動が行われています。


(参考)

3.関連リンク