現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 関税・外国為替等審議会 > 総会 > 総会 議事要旨等 > 議事録 > 関税・外国為替等審議会第9回総会(平成29年4月11日)議事録

関税・外国為替等審議会第9回総会(平成29年4月11日)議事録

関税・外国為替等審議会
総会(第9回)議事録

平成29年4月11日(火)

財務省関税局 ・ 国際局

於 財務省第3特別会議室

(本庁舎4階)


関税・外国為替等審議会 第9回総会

午前10時00分開会

 


○高村調査課長 ただいまより関税・外国為替等審議会第9回総会を開催いたします。
 私は、本審議会を担当しております国際局調査課長の高村でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 まず、議事に入ります前に、本審議会の委員の皆様方の名簿につきまして、お手元にお配りしております資料の2枚目に、資料1として入っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 それでは、議事に入らせていただきます。
 まず、委員の皆様方に会長の選任をお願いしたいと存じます。本審議会の会長につきましては、関税・外国為替等審議会令第5条第1項の規定において、臨時委員、専門委員以外の本委員の互選により選任することとされております。臨時委員、専門委員の皆様におかれましては、大変恐縮ではございますが、会長選出までの間、お席でそのままお待ちいただきますようお願い申し上げます。
 早速ではございますが、本委員の中で、どなたか本審議会の会長としてふさわしい方を御推薦いただけないでしょうか。
 奥田委員、どうぞよろしくお願いします。


(奥田委員より挙手)


○奥田委員 私は小川英治委員を御推薦したいと存じます。
 小川委員は、一橋大学で同僚でございますけれども、国際金融の分野で大変多くの実績を上げられている方であります。また、外国為替等分科会におきましては、一昨年より分科会長を務められており、報告書の取りまとめにも御尽力をいただいたところでございます。学問的な御知見、それから審議会での御経験を踏まえまして、会長には小川委員がふさわしいと存じます。皆様方の御賛同をいただければ幸いに思います。
 以上でございます。


○高村調査課長 ただいま奥田委員から、小川英治委員を推薦する御提案がございました。皆様いかがでしょうか。

 

(「異議なし」の声あり)


○高村調査課長 皆様方の御賛同がございましたので、小川英治委員が関税・外国為替等審議会の会長に選任されました。
 それでは、小川会長、恐れ入りますが、木原財務副大臣の横の会長席にお移りいただきたいと思います。


(小川会長着席)


○高村調査課長 以後の議事進行は小川会長にお願いしたいと存じます。小川会長、よろしくお願いいたします。


○小川会長 それでは、関税・外国為替等審議会会長を仰せつかりました小川でございます。
 皆様方の御協力を得まして、本審議会の円滑なる運営に努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、早速ではございますけれども、審議会の会長代理につきましては、関税・外国為替等審議会令第5条第3項において、会長が指名することとされております。会長代理は森田朗委員にお願いしたいと存じます。よろしくお願いいたします。
 それでは、ただいまよりプレスが入室いたしますので、しばらくお待ちください。


(プレス入室)


○小川会長 それでは、ここで木原財務副大臣より御挨拶を頂戴したいと存じます。よろしくお願いいたします。


○木原財務副大臣 皆さん、おはようございます。財務副大臣の木原稔でございます。
 本日は、関税・外国為替等審議会の開催に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 各委員の皆様方におかれましては、大変お忙しい中にお集まりいただき、また、このたび委員をお引き受けいただきまして誠にありがとうございます。
 本審議会におきましては、関税政策、税関行政及び国際金融に係る重要事項について、委員の皆様の幅広い知見に基づき調査審議を行っていただき、貴重な御意見を頂戴してまいりたいと存じます。
 関税率及び関税制度をめぐる国際状況について、私から申し上げます。
 我が国は、従来からWTOを中心とする多角的な自由貿易体制を推進しつつ、広域経済連携協定であるTPP、日EU・EPA、RCEP等の締結交渉に積極的に取り組んできたところでございます。
 一方、本年1月には、アメリカがTPPから離脱し、先月3月には、イギリスが正式にEU離脱を通告するなど、主要国が内向き指向を強める傾向も見られます。
 また、国内におきましては、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会等を視野に、観光立国の方針を踏まえつつ、テロ関連物資や不正薬物対策等に対する水際対策の強化を図っていくことが喫緊の課題となっております。
 また、本邦産業の成長に資する貿易円滑化を推進することも、税関にとって重要な課題でございます。こうした国内外の情勢を踏まえまして、本審議会におきましては、引き続き関税分科会を中心に、今後のあるべき関税政策について大所高所からの御審議を賜りたいと存じます。
 また、関税率及び関税制度の改正について御審議を賜りますよう、本審議会に諮問を御用意させていただいております。さらに、本審議会では、特殊関税の課税に関する事項についても御審議をいただきます。本日も韓国及び中国産炭素鋼製突合せ溶接式継手に対する不当廉売関税の課税に関する調査の開始について御説明する予定としております。制度の適切な運営に向け、活発な御議論を賜りたいと存じます。
 次に、国際金融政策について申し上げます。本審議会では、最新の国際金融情勢等についても、さまざまな御知見を委員の皆様から賜りたいと存じます。
 簡単に、最近の国際金融情勢に対する取組みについて申し上げます。
 世界経済につきましては、全体として回復が続いているものの米国新政権の政策やその波及効果にかかる不確実性、欧州、中国並びに新興国の経済の先行き、地政学リスク等について留意する必要があります。
 このような中、持続可能かつ包摂的な成長の実現、国際的な租税回避への対応、金融規制等、世界的な政策協調が必要な課題に対し、我が国はG20等を通じた世界的な取組みに積極的に貢献しております。
 また、本年5月には、第50回の節目となるADBの年次総会が横浜にて開催されます。年次総会には加盟67カ国地域から財務大臣、中央銀行総裁をはじめ、官民関係者約4,000人の参加が見込まれております。
 日本はホスト国として、アジアにおける質の高いインフラ投資推進や高齢化社会に対応するための保健分野での取組みなど、我が国の重要政策について発信していく方針でございます。
 また、ADB横浜総会に合わせて開催されるASEAN+3財務大臣・中央銀行総裁会議において、日本は共同議長を務めます。世界経済において不確実性が高まっている中、域内の金融セーフティーネットのさらなる強化のため、チェンマイ・イニシアティブの円滑、効率的な活動のための機能強化等の議論を主導していく所存でございます。さらに、このような多国間での枠組みに加えて、二国間での金融協力も引き続き推進してまいります。
 こうした国際金融情勢及び財務省の取組みについて、外国為替等分科会を中心に活発な御議論を賜りたいと存じます。
 以上、最近の関税政策、税関行政や国際金融政策に係る取組みについて申し上げました。今後とも委員の皆様方から貴重な御意見を賜りながら、一層適切な政策運営に努めてまいりたいと存じますので、御指導、御鞭撻をよろしく申し上げて、御挨拶にかえる次第でございます。ありがとうございます。


○小川会長  木原財務副大臣、誠にありがとうございました。
 それでは、木原財務副大臣から、関税率等の改正についての本審議会への諮問を承りたいと存じます。よろしくお願いいたします。


○木原財務副大臣

関税・外国為替等審議会会長
小川 英治 殿

財務大臣 麻生 太郎

関税率等の改正について

経済情勢の変化等に対応し、関税率及び関税制度をいかに改めるべきかについて諮問する。

(諮問書手交)


○木原財務副大臣 よろしくお願いします。


○小川会長 ただいま諮問を頂戴いたしました。本審議会といたしましては、この諮問に答えるべく今後鋭意審議してまいりたいと存じます。
 また、本諮問は関税率等の改正についてでございますので、関税・外国為替等審議会議事規則第7条第1項に基づき、関税分科会に付託したいと存じます。
 なお、同規則第7条及び第8条の規定に従いまして、会長が分科会に調査審議事項を付託した場合につきましては、分科会の議決をもって審議会の議決となりますので、御承知おきいただきたいと存じます。
 お手元にお配りしております資料3に審議会関係法令等をまとめておりますので、御確認いただければと存じます。
 それでは、会の途中ではございますが、木原財務副大臣におかれましては、公務がございますので、ここで御退席でございます。本日は誠にありがとうございました。


(木原財務副大臣退室)


○小川会長 それでは、プレスは退室をお願いいたします。


(プレス退室)


○小川会長 最後に、本審議会の議事録について申し上げます。
 審議会の透明性を確保する観点から、議事録につきましては、本審議会の議事規則に基づき速やかに公開することとされております。この点につきましても御承知おきいただきたいと存じます。
 なお、議事録の作成につきましては、私に御一任いただければと存じます。その際、発言部分を事前にご覧になりたい委員の方におかれましては、会合終了後にその旨を事務局に御連絡を頂戴するということにいたしまして、御連絡のございました委員の方には議事録の案の段階で事務局より送付したいと考えております。その後1週間程度の間に御意見がない場合には、了解をいただいたものとして理解させていただきたいと存じますが、よろしいでしょうか。


(「異議なし」の声あり)


○小川会長 ありがとうございます。それでは、議事録につきましてはそのような取扱いとさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 なお、審議会の委員等の皆様には、国家公務員法上の守秘義務が課せられております。議事録等で公開されていない情報で審議会の委員等として職務上知り得た秘密につきましては公にされませんよう念のため申し上げたいと思います。
 それでは、以上をもちまして、本日の議事を終了させていただきたいと存じます。
 なお、事務局より連絡事項がございます。


○高村調査課長 本審議会の終了後、引き続きこの会場におきまして、外国為替等分科会を開催いたします。関税分科会は、外国為替等分科会の終了後、10時50分ごろに開催させていただきます。関税分科会のみに所属されている委員におかれましては、それまでの間、配付資料はお席に置いたままにしていただいて、隣の控室でお待ちいただければと思います。関税分科会開催時には、現在の席にお戻りいただくようお願い申し上げます。
 また、外国為替等分科会所属の委員の皆様におかれましては、そのままの座席でお待ちいただければと存じます。
 それでは、よろしくお願いいたします。


○小川会長 それでは、関税・外国為替等審議会第9回総会を終了いたします。
 本日は、委員の皆様におかれましては、御多用中御出席を賜りまして誠にありがとうございました。

午前10時15分閉会

財務省の政策