現在位置 : トップページ > 財務省について > 国会提出法案 > 第169回国会における財務省関連法律 > 「電子情報処理組織による税関手続の特例等に関する法律の一部を改正する法律案」について

「電子情報処理組織による税関手続の特例等に関する法律の一部を改正する法律案」について

「電子情報処理組織による税関手続の特例等に関する法律の一部を改正する法律案」について

平成20年2月

財務省

[法律案の概要]

国際競争力強化及び利用者利便の向上に資するため、以下の改正を行う。

  • (1)関係省庁システムとの一体的運営

    • ○ 税関の輸出入手続とこれに関連する民間業務を処理しているNACCS(通関情報処理システム)と港湾関連の手続を処理している港湾EDIを統合する。

    • ○ NACCSセンターの業務に、新たに港湾手続、入国管理手続、食品衛生手続、動植物検疫手続、貿易管理手続等、関連する他の省庁の手続に関する業務を追加し、それらを一体的に処理することができるよう措置する。

  • (2)NACCSセンターの民営化(特殊会社化)

    • ○ NACCSを運営している独立行政法人通関情報処理センターを解散して新たに輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社を設立する。

    • ○ 新会社における中立、公平かつ安定的な業務運営を確保する観点から、国による一定の関与を確保するため、政府の株式保有、主務大臣による監督・検査等に関する規定整備を行う。

財務省の政策