財務省のホームページへ
エピローグ
---
タブメニュー
画像
ケントくんとアミちゃん: 「ただいまー!!」
おかあさん: 「あら、おかえりなさい。」
おとうさん: 「どうだったかい?」
ケントくん: 「うん。『 税金(ぜいきん)は、みんなが安全(あんぜん)に、安心(あんしん)して生活(せいかつ)するために自分(じぶん)たちで持ち寄ったお(かね)…、つまり、みんなで社会を支えるための“会費(かいひ)”のようなもの』なんだよ。」
おとうさん: 税金(ぜいきん)は“会費(かいひ)”のようなものか・・・それは、わかりやすいね。」
アミちゃん: 「みんなが会費(かいひ)として少しずつお(かね)を出し合うことで、一人のお(かね)ではできない公的(こうてき)なサービスを提供(ていきょう)できるようになるのよ。」
おかあさん: 公的(こうてき)サービスってなに?」
画像
ケントくん: 「子どもからお年寄(としよ)りまで、みんなが平等(びょうどう)に受けることのできる、国や市区町村(しくちょうそん)が行うサービスのことなんだよ。たとえば、<警察(けいさつ)>、<消防(しょうぼう)>・・・」
アミちゃん: 「<教育(きょういく)>、<図書館(としょかん)>・・・」
画像
ケントくん: 「<道路(どうろ)整備(せいび)>や<公園(こうえん)>にも税金(ぜいきん)は使われているんだ。」
アミちゃん: 「それだけではないわ。<医療(いりょう)>やお年寄(としよ)りのための<年金(ねんきん)>、<福祉(ふくし)>、<介護(かいご)>などの社会保障(しゃかいほしょう)にも税金(ぜいきん)は役立てられているのよ。」
画像
おとうさん: 「二人とも、よくそこまで調べてきたね。エライぞ!」
ケントくん: 「今までは、“税金(ぜいきん)”って「払いたくないなあ」と思っていたけど、ほんとうは、みんなが安全(あんぜん)に、安心(あんしん)して生活(せいかつ)するための大切な“会費(かいひ)”なんだネ。だからボクたち、住民(じゅうみん)一人ひとりに税の大切さを説明して、きちんと税を納めてもらうように、お願いしてきたんだよ。」
アミちゃん: 「ステキな町をつくるのは、はっぴぃ★タウンの住民(じゅうみん)たち自身なんだって説明したら、みんな気持ちよく税金(ぜいきん)を納めてくれるって約束してくれたの。ワタシたちも、早く大人になって、町づくりのために税金(ぜいきん)をきちんと納めるわ。」
ケントくん 「そうだね!きちんと税金(ぜいきん)を納める大人になって、立派な社会人になるよ!」
おとうさん: 「二人ともエライぞ!わたしたち住民(じゅうみん)がきちんと納税(のうぜい)をすれば、みんなが幸せな、本当の“はっぴぃ★タウン”になるにちがいない。」
おかあさん: 「さあ、二人とも、夕食(ゆうしょく)にしましょう。」
画像
~その後、住民(じゅうみん)たちはケントくんとアミちゃんとの約束を守り、きちんと税金(ぜいきん)を納めるようになりました。
やがて、はっぴぃ★タウンの道路(どうろ)整備(せいび)され、公園(こうえん)もでき、警察(けいさつ)消防(しょうぼう)、学校や図書館(としょかん)も完成し、病院(びょういん)福祉(ふくし)施設(しせつ)充実(じゅうじつ)し、子どもからお年寄(としよ)りまで、安心(あんしん)して暮らすことのできる、とてもステキな町に生まれかわりました。~
画像
おとうさん: 小学生(しょうがくせい)のみなさん!税について、わかりましたか?
今回は、はっぴぃ★タウンの税について見てもらいましたが、日本の税も同じです。国民のみなさんは、日本という国で安全(あんぜん)に、安心(あんしん)して暮らすための“会費(かいひ)”として税金(ぜいきん)を納めています。そして、税はそうした町づくり、国づくりに役立てられているということをよく覚えておいてくださいね。それでは、ごきげんよう!」
画像
おしまい

日本の税のお話【6】
---
もどる第7話『税金(ぜいきん)社会保障(しゃかいほしょう)にたくさん使われている!』
▲ ページトップにもどる