現在位置 : トップページ > 国際政策 > 国際開発金融機関(MDBs)〜世界銀行、アジア開発銀行等〜 > 世界銀行(WB) > 国際開発協会第18次増資交渉(IDA18)に関する財務大臣談話

国際開発協会第18次増資交渉(IDA18)に関する財務大臣談話

English 印刷用(PDF)

平成28年12月15日

財務大臣談話

1. 本日、国際開発協会第18次増資交渉(IDA18)が合意に至ったことを歓迎する。

2. 今回の増資については、

(1)日本が重視するパンデミックや自然災害への予防・備え・対応の強化を重点政策に位置づけたこと

(2)増大する開発ニーズに応えるため、新たに市場からの資金調達を導入したこと

を評価している。

3. 日本としては、厳しい財政状況を踏まえ、出資貢献を前回増資より抑制した約3,088億円としつつ、前回増資で導入された融資貢献(円借款)の活用(約2,924億円)により、貢献シェアを前回の10.0%から10.3%に増加させることとした。

(参考) 国際開発協会(IDA)は、低所得の開発途上国に対し超長期・低利の融資や贈与等を行う世界銀行グループの機関。IDAは3年毎の増資により資金を補充しており、IDA18は2017年7月〜2020年6月の期間を対象とする。