現在位置 : トップページ > 国際政策 > 国際開発金融機関(MDBs)〜世界銀行、アジア開発銀行等〜 > 世界銀行(WB)

世界銀行グループ(WBG)

English

   世界銀行グループは、世界中の地域から様々な国々が加盟し、これらの地域の開発途上国に対し幅広い援助を行っている、まさに“世界の銀行”です。世界銀行グループは、途上国の異なる発展段階や多様な資金需要に応じるため、マル1途上国一般に対する準商業的な融資を行う国際復興開発銀行(IBRD)、マル2最貧国に対して超長期・低利の融資及び贈与等を行う国際開発協会(IDA)、マル3開発途上国で活動する民間企業に対する融資・出資を行う国際金融公社(IFC)、マル4非商業的危険に対する保険・保証を通じて、民間直接投資の促進を図る多数国間投資保証機関(MIGA)等の目的の異なる複数の機関により構成されています。



   世銀・IMF総会は、国際通貨基金(IMF)・世界銀行に加盟する189か国における両機関についての最高責任者(財務大臣、中央銀行総裁クラス)による最高意思決定機関です。1946年以降、毎年秋に開催されています。


   世銀・IMF合同開発委員会は、開発をめぐる諸問題について、世界銀行・IMFに勧告、報告を行うことを目的として、1974年に設置されました。原則として世銀又はIMF理事選出国の大臣級委員25名からなり、通常、春・秋の年2回開催されています。


   世界銀行グループの中で、所得水準の特に低い開発途上国に対して、超長期・低利の融資や贈与等を行う、国際開発協会(アイダIDA:International Development Association)は、3年に1度、必要資金の補充のため増資を実施しており、日本も毎回主要出資国として貢献しています。


地球環境ファシリティ(GEF)

   地球環境ファシリティ(GEF:Global Environment Facility)は、主に無償資金を活用して開発途上国の地球環境保全への取り組みを支援するための多国間資金メカニズムとして世界銀行内に設置された信託基金です。1991年の設立以来、気候変動対策や生物多様性保全など地球規模の環境問題の改善につながるプロジェクトに支援を提供しています。