現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 国際比較 > わが国税制・財政の現状全般に関する資料

わが国税制・財政の現状全般に関する資料

  1990年代後半に主要先進国がそろって財政収支を改善する中、我が国の財政収支は大幅な赤字が続いた。2000年代に入り、我が国の財政収支は一旦改善傾向に向かったが、2008年秋以降の世界金融危機の影響により、他の主要先進国と同様に悪化。2010年代に入ると、他の主要先進国が再び財政収支を改善する中、我が国は大幅な赤字が続いている。
財政収支の国際比較(対GDP比)

  債務残高の対GDP比を見ると、1990年代後半に財政健全化を着実に進めた主要先進国と比較して、我が国は急速に悪化しており、最悪の水準となっている。
債務残高の国際比較(対GDP比)

国民負担率(対国民所得比)の内訳の国際比較
(注)

1.日本は平成26年度(2014年度)実績、諸外国は、OECD "Revenue Statistics 1965-2015"及び同"National Accounts "による。なお、日本の平成29年度(2017年度) 予算ベースでは、国民負担率:42.5%、租税負担率:25.1%、個人所得課税:7.7%、法人所得課税:5.5%、消費課税:8.3%、資産課税等:3.5%、社会保障負担率:17.4%となっている。

2.租税負担率は国税及び地方税の合計の数値である。また所得課税には資産性所得に対する課税を含む。

3.四捨五入の関係上、各項目の計数の和が合計値と一致しないことがある。

4.老年人口比率については、日本は2014年の推計値(総務省「人口推計」における10月1日現在人口)、諸外国は2015年の数値(国際連合"World Population Prospects: The 2015 Revision Population Database"による)である。なお、日本の2017年の推計値(国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」(平成24年(2012年)1月推計)による)は 28.0となっている。


国民負担率の内訳の国際比較(日諾芬瑞丁)
(注)

1.日本は平成26年度(2014年度)実績、諸外国は、OECD "Revenue Statistics 1965-2015"及び同"National Accounts "による。なお、日本の平成29年度(2017年度) 予算ベースでは、国民負担率:42.5%、租税負担率:25.1%、個人所得課税:7.7%、法人所得課税:5.5%、消費課税:8.3%、資産課税等:3.5%、社会保障負担率:17.4%となっている。

2.租税負担率は国税及び地方税の合計の数値である。また所得課税には資産性所得に対する課税を含む。

3.四捨五入の関係上、各項目の計数の和が合計値と一致しないことがある。

4.老年人口比率については、日本は2014年の推計値(総務省「人口推計」における10月1日現在人口)、諸外国は2015年の数値(国際連合"World Population Prospects: The 2015 Revision Population Database"による)である。なお、日本の2017年の推計値(国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」(平成24年(2012年)1月推計)による)は 28.0となっている。


OECD諸国の国民負担率(対国民所得比)

(注1) OECD加盟国35カ国中34カ国の実績値。残る1カ国(トルコ)については、国民所得の計数が取れず、国民負担率(対国民所得比)が算出不能であるため掲載していない。

(注2) 括弧内の数字は、対GDP比の国民負担率。

(出典)日本:内閣府「国民経済計算」等 諸外国:National Accounts (OECD) Revenue Statistics(OECD)


直間比率(国税+地方税)の国際比較

 

(注)

1.日本は平成26年度(2014年度)実績額。なお、平成29年度(2017年度)予算における直間比率(国税+地方税)は、67:33となっ ている。

2.諸外国はOECD"Revenue Statistics 1965-2015"による2014年の計数。OECD"Revenue Statistics"の分類に従って作成してお り、所得課税、給与労働力課税及び資産課税のうち流通課税を除いたものを直接税、それ以外の消費課税等を間接税等とし、 両者の比率を直間比率として計算している。


所得・消費・資産課税等の税収構成比の国際比較(国税+地方税)
(注)

1.日本は平成26年度(2014年度)実績、諸外国は、OECD "Revenue Statistics 1965-2015"及び同"National Accounts"による。なお、日本の平成29年度(2017年度)予算に おける税収構成比は、個人所得課税:30.8%、法人所得課税:22.1%、消費課税:33.0%、資産課税等:14.1%となっている。

2.所得課税には資産性所得に対する課税を含む。

3.四捨五入の関係上、各項目の計数の和が合計値と一致しないことがある。


 

(備考)

1.計数は2014年のものである。

2.OECD "Revenue Statistics"の区分に従って作成しているため、利子、配当及びキャピタル・ゲイン課税は所得課税に含まれる。

3.資産課税等には、資産課税の他、給与労働力課税及びその他の課税が含まれる。

4.資産課税とは、富裕税、不動産税(固定資産税等)、相続・贈与税及び流通課税(有価証券取引税、取引所税、不動産取得税及び印紙収入)等を指し、 日本の割合は14.1%である。

(出所)

OECD "Revenue Statistics 1965-2015"


Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方、正しく表示されない方は最新版をダウンロードしてからご覧下さい。