このページの本文へ移動

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成31年3月19日(火曜日))

 

 
【質疑応答】
問)

 連合が先週金曜日に公表しているベアと定期昇給を合わせた平均賃上げ額の一次回答ですけれども、6,653円、2.16%と前年とほぼ同水準です。内部留保がたまっておりますけれども、ベアの伸びが0.62%にとどまっている、増税のときというのは賃金の底上げが必要だと思うのですけれども、今回の春闘について大臣の御所見をお願いします。

答)

 あなたの会社も内部留保がたまっているか。たまっている。どれくらい。昨年とほぼ同等の賃上げと連合が発表していますけれども、ベースアップは少し足りないのではないかというけれども、ベースアップに関して言えば一昨年とほぼ同じか、それ以上ぐらいになっていると思いますので、ですから流れとしてはベアが連続していますし、そういった意味では賃上げの方向というのは間違いない方向に動いていると思いますから、流れとして悪くないですね。それで所得拡大促進税制等、いろいろと支援策をやっていますので、それなりの効果も連続して出てきているのかなとは思ってはいますね。

(以上)