このページの本文へ移動

水際対策強化に係る新たな措置による入国 お問い合わせ窓口等

※本措置については、「水際対策強化に係る新たな措置(20)」に基づき、申請の受付及び審査が令和3年12月31日まで停止となります。
※「水際対策強化に係る新たな措置(20)」については、こちら【厚生労働省ホームページ】新しいウィンドウで開きますからご確認ください。

以下、「水際対策強化に係る新たな措置(20)」より抜粋
2.外国人の新規入国停止
  「水際対策強化に係る新たな措置(19)」(令和3年11 月5日)(以下「措置(19)」という。)2.に基づく、外国人の新規入国に係る、受入責任者から業所管省庁への申請の受付及び当該業所管省庁の帰国・入国前の事前の審査を、本年12 月31 日までの間停止し、業所管省庁から受入責任者に対する新たな審査済証の交付を行わないこととする。本年11 月30 日以降、本年12 月31 日までの間、この仕組みによる外国人の新規入国を拒否する。

3.有効なワクチン接種証明保持者に対する行動制限緩和措置の見直し
  (1)「措置(19)」1.に基づく、有効なワクチン接種証明保持者の特定行動に係る、受入責任者から業所管省庁への申請の受付及び当該業所管省庁の帰国・入国前の事前の審査を、本年12月31 日までの間停止し、業所管省庁から受入責任者に対する審査済証の交付を行わないこととする。


~中略~

(注5)上記3(1)に基づく措置における、令和3年12 月1日午前0時(日本時間)以降に帰国・再入国等する者 については「措置(19)」1.に基づく特定行動を認めない。
  「水際対策強化に係る新たな措置(19)」(令和3年11月5日)にて、ワクチン接種証明書保持者に対する入国後の行動制限及び外国人の新規入国制限が見直されました。
  本措置の適用に当たっては、受入責任者(入国者を雇用する又は入国者を事業・興行のために招へいする企業・団体等)から業所管省庁へ申請いただく必要がございます。
 

※11月25日から、申請は、原則として入国者健康管理システム(ERFS:エルフス)から行っていただくことになりました。
※これに伴い、本措置に係る申請から入国後のフォローアップまでをERFSに一元化するため、12月2日以降は、従来の申請方法(電子メールなど)での受付を原則停止することになります。
※このシステムにアクセスするには専用のIDとPW等が必要となりますのでこちら【ERFS webサイト】新しいウィンドウで開きますから取得をお願いいたします。
 (法人以外の受入責任者に係る要件はこちら【ERFS webサイト】新しいウィンドウで開きますから確認できます。)


実施要領、制度概要資料、Q&A等

    実施要領や制度概要資料、Q&A等については、厚生労働省ホームページにて掲載されておりますので、ご確認のうえお問い合わせください。

問い合わせ窓口(一般的な照会)

    本措置の内容や申請の仕組みなどの一般的な照会については、「水際対策強化に係る新たな措置(19) コールセンター」までお問合わせください。
  • 水際対策強化に係る新たな措置(19)コールセンター
      電話番号:0120-220-027
                        0120-248-668
                        0120-110-857
                        050-1741-8558
                        050-1751-2158
      受付時間:9時から21時まで(土日祝日含む)

問い合わせ窓口(財務省)

    財務省の問い合わせ窓口を以下のとおり設置しましたので、該当する部局・課室までお問い合わせください。
  • たばこ・塩関係
      理財局総務課たばこ塩事業室総括係
      電話番号:03-3581-4111(内線2258)
      申請受付用メールアドレス:440104___4@mof.go.jp
  • 酒類事業者及び酒類業界団体等、税理士法人及び税理士会等関係
      国税庁総務課審査企画係
      電話番号:03-3581-4161(内線3445、3322)
      申請受付用メールアドレス:nta.mizugiwa@nta.go.jp
  • 財務省関係その他
      大臣官房総合政策課政策推進室
      電話番号:03-3581-4111(内線5532)
      申請受付用メールアドレス:zaimu_mizugiwa@mof.go.jp
  ※上記メールアドレスは「申請受付用」のため、お問い合わせにはお答えできません。