現在位置 : トップページ > 調達情報 > 政府調達情報 > 資料提供依頼(RFI)

資料提供依頼(RFI)

予算編成支援システムの調達の競争性向上に係る資料提供依頼(RFI)
 
    1. 趣旨、目的等
        予算編成支援システムにおいては、「予算・決算業務の業務・システム最適化計画」(2006年3月31日 各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定、2008年2月13日改定)(以下「最適化計画」という。)に基づき、システムのオープン化とともに調達の透明性・競争性の向上を図るため各種取組みを実施し、また平成23年度の最適化計画の達成後も調達の競争性の向上を図るべく、各種対応を継続して実施してきたところです。
        昨年度の調達においても、当方の意見招請に対しての意見(http://www.mof.go.jp/procurement/seihuchoutatsu/0150935-2.pdf)を踏まえ、可能な範囲での仕様書の変更を行いましたが、結果的に一者応札が続いています。
        また、本年度からはシステムの陳腐化、複雑化、ブラックボックス化を解消するための刷新開発が開始されており(平成32年度に完了予定)、運用・保守に関する全体の見直しを予定しています。
        こうしたことから、より一層の公平性・透明性確保による競争性向上を目指して、資料提供依頼を行うものです。
        つきましては、資料提供の依頼内容について、事業者の皆さま等から平成29年5月22日(月)〜6月9日(金)の間、広く資料提供を求めます。

    2. 資料提供の依頼内容等
      マル1  資料提供の依頼内容は、下記「予算編成支援システムの調達の競争性向上に係る資料提供依頼書」(以下「依頼書」という。)のとおりです。
      マル2  依頼書に記載の提示資料等については、別途当方より直接若しくは郵送にて提供させていただきますので、依頼書に記載のメールアドレス宛若しくは下記連絡先までご連絡ください。なお、当該資料提供期間終了後回収させていただきます。
      マル3  資料提供依頼をさせていただいている内容の一部のみのご提出でも受け付けております。

    3. 本資料提供依頼に関する質問方法
        ご質問の受付期間は、平成29年5月22日(月)〜平成29年6月7日(水)17時30分とし、ご質問をされる際は、依頼書に記載のメールアドレスあてメールで送付することとしてください。

    4. その他留意事項
       ・本件により、実際の調達参加時の評価等に影響を与えることはありません。
       ・資料提供に係る一切の費用は、すべて参加者の負担とします。なお、必要に応じて追加資料の提供を求めることがあります。
       ・本依頼により提出された資料等は返却しません。
       ・本依頼により提出された資料等は、予算編成支援システムの調達の競争性向上に係る検討にのみ使用します。
       ・本依頼により提出された資料等は、当室及び当室が委託するコンサルタント事業者が内容を確認します。それ以外の第三者に無断で資料等を開示することはありません。
       ・本件にて当室との間で共有する全ての情報について、開示、漏洩、または本依頼以外の目的による使用は禁止します。

 

予算編成支援システムの調達の競争性向上に係る資料提供依頼書(PDF:440KB)PDF
資料提供依頼内容及び様式(維持管理業務)(PDF:89KB)PDF
資料提供依頼内容及び様式(運用環境の提供業務)(PDF:89KB)PDF

 

【問い合わせ先】
〒100-8940
東京都千代田区霞が関3-1-1
財務省主計局総務課主計事務管理室 林、小松、住友
TEL:03-3581-4192

財務省の政策