現在位置 : トップページ > 調達情報 > 国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律の規定に基づく公表 > 平成30年度における環境物品等の調達実績の概要

平成30年度における環境物品等の調達実績の概要

平成30年度における環境物品等の調達実績の概要

 

令和元年6月28日
財務省


  国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(平成12年法律第100号)第8条第1項の規定により、平成30年度における環境物品等の調達実績の概要をとりまとめ、公表するとともに、環境大臣に通知する。
 
1 平成30年度の調達方針の策定等
  平成30年度においては、同年4月2日に環境物品等の調達の推進を図るための方針(調達方針)(PDF:256KB)の策定・公表を行い、これに基づいて環境物品等の調達を推進した。
 
2 特定調達品目の調達状況
  各特定調達品目の調達量等については、物品等の調達については別表1(PDF:277KB)、公共工事については別表2(PDF:97KB)のとおりである。
 
(目標達成状況)
 (1) 物品・役務
  調達方針において、調達総量に対する判断の基準を満足する物品等の調達量の割合により目標設定を行う品目については、目標値をすべて100%としていたところであるが、別表1のとおり、一部の品目においては目標のとおり調達することができなかった。
  判断の基準を満足する物品等を調達できなかった理由は、機能・性能上の必要性等から判断の基準を満足しない物品等を調達せざるを得なかった場合があったためである。
 (2) 公共工事
  調達方針において、公共工事において使用する資材・建築機械等、34品目について調達目標を設定し、目標値をすべて100%としていたところであるが、別表2のとおり、一部の品目においては目標のとおり調達することができなかった。
  判断の基準を満足する資材を使用した公共工事を調達できなかった理由は、機能・性能上の必要性から判断の基準を満足しない資材を使用した公共工事を調達せざるを得なかった場合があったためである。
  また、調達目標を設定していない品目についても、事業ごとの特性、必要とされる強度や耐久性、機能の確保、コスト等に留意しつつ、基本方針に位置づけられた資材、工法を使用した公共工事の調達に努めた。 
  
3 特定調達物品等以外の環境物品等の調達状況
  腕章については、100%とした調達目標を達成できた。
  
4 物品、役務の調達に当たっての環境配慮の実績
  各部局調達担当者等においては、物品等を納入する事業者及び公共工事の請負事業者等に対して、事業者自身がグリーン購入を推進するように働きかけた。
  
5 平成30度調達実績に関する評価
  平成30年度の調達については、概ね調達方針に定めた目標を達成しているが、機能・性能上の必要性等の理由により、目標を達成できなかった品目があった。
  令和元年度以降の調達においては、平成30年度の実績を踏まえ、引き続きグリーン購入の一層の推進に努めていくこととする。

財務省の政策