財務総研トピックス(2019年8月)

8月の国際交流

8月4日(日曜日)から8月7日(水曜日):ミャンマー計画・財務省研修機関支援 第2回ワークショップの開催

財務総合政策研究所では、2017年5月にMaung Maung Win計画・財務副大臣から支援要請レターを受領し、2018年5月以降、ミャンマー計画・財務省(以下、MOPF)研修機関支援を行っています。

本出張では主計局及び会計センターと共に、MOPF職員を主な対象として、「日本の支出執行」「官庁会計システムADAMSU」をテーマとした第2回セミナー及び、Maung Maung Win計画・財務副大臣との意見交換会を実施いたしました。


ミャンマー計画・財務省での集合写真ミャンマー計画・財務省での研修
【ミャンマー計画・財務省での様子】
8月7日(水曜日)から8月29日(木曜日)「2019年度中央アジア・コーカサスセミナー」の開催

財務総合政策研究所では、中央アジア・コーカサス地域諸国の財務省等の若手幹部候補生を受け入れ、参加国の人材育成支援を目的とした「中央アジア・コーカサスセミナー」を毎年開催しております。今年度は7カ国から18名を受け入れ、8月7日(水)から8月29日(木)までの日程で開催しました。


閉講式
【閉講式】
8月19日(月曜日)〜8月29日(木曜日)「ウズベキスタン財務省中堅幹部向けセミナー」の開催

財務総合政策研究所では、ウズベキスタン財務省の中堅幹部3名を受け入れ、日本の財務省幹部等との意見交換を含む「ウズベキスタン財務省中堅幹部向けセミナー」を8月19日(月)から8月29日(木)までの日程で開催しました。


閉講式
【閉講式】
客員研究員発表会
8月9日(金曜日):シャムシャッド・アーマド・カーン氏(デリー大学社会科学部准教授)

財務総合政策研究所に客員研究員として在籍しているシャムシャッド・アーマド・カーン氏が、8月9日(金)、「日印EPA、その将来性と有望性、今後の展望」というテーマで研究発表を行いました。


研究発表会の様子
【研究発表会の様子】

8月のセミナー

〇8月1日(木曜日)〜2日(金曜日):「夏季職員トップセミナー」の開催

財務総合政策研究所では、幹部職員向け研修の一環として、様々な分野でご活躍されている方を講師にお招きして「夏季職員トップセミナー」を開催しており、今年度は以下のとおり実施しました。


講師

演題


8月1日
(木曜日)

福島 香織
ジャーナリスト
最近の中国事情
〜香港問題を中心に〜
秋池 玲子
ボストン・コンサルティング・グループ
マネージング・ディレクター&シニア・パートナー
組織改革の取り組み
〜事業再生の事例から〜

8月2日
(金曜日)

本間 正人
京都造形芸術大学副学長
コーチング
〜役職者の役割〜
安宅 和人
慶應義塾大学環境情報学部教授/
ヤフー株式会社CSO
“シン・ニホン”
〜AI×データ時代における日本の再生と人材育成〜
夏季職員トップセミナーの様子
【夏季職員トップセミナーの様子】

8月の刊行物

フィナンシャル・レビュー
題名要約
令和元年(2019年)第3号(通巻第138号)
特集「中国−習近平体制第U期の内外政策」

本特集号では、従来の財政・金融政策、制度改革、国内政治に加え、新たに習近平総書記の経済政策の基本理念、米中経済摩擦・日中関係の論考を加え、さらにデータ取引規制の動向にも言及するなど、習近平指導部第U期の内外政策を多角的に幅広く検討することとした。

財務総研トピックス(月別)

 ページ先頭へ