財務総研トピックス(2019年6月)

6月の研究会等

「デジタル時代のイノベーションに関する研究会」の報告書を取りまとめました

財務総合政策研究所は、平成30年12月から平成31年4月にかけて「デジタル時代のイノベーションに関する研究会」(座長:柳川範之 東京大学大学院経済学研究科教授)を開催し、今般、研究会における議論を踏まえた論文からなる報告書を取りまとめました。


財務総合政策研究所では、過去2年にわたりイノベーションをテーマに研究会を開催してきており、2018−2019年はデジタル化経済の現状に関する調査を行いました。日本は、IT系企業の決済分野をはじめとする金融業務への参入の動きがある一方、既存金融機関側にも連携・業務再編の動きがみられています。こうした環境を踏まえ、本研究会では、諸外国を含め、経済デジタル化の進展の状況・態様を把握し、検討課題等について整理しました。

〇 6月13日(木曜日):平成30年度第3回インドワークショップ

財務総合政策研究所では、今後のインドの潜在的な成長の可能性に鑑み、外部有識者を講師にお招きし、財務省におけるインド経済の現状と政策に対する認識を深めていくことを主眼として、インドワークショップを開催しています。

平成30年度第3回インドワークショップでは、三輪博樹 氏(帝京大学法学部准教授)より「インドにおける第17次連邦下院選挙の結果と今後の見通し」についてご講演頂き、題目に関する質疑応答及び自由討論を行いました。


ワークショップの模様
【ワークショップの模様】
〇 6月17日(月曜日):平成30年度第2回ASEANワークショップ

財務総合政策研究所では、財務省におけるASEAN諸国の現状と政策に対する認識の深化を目的として、外部有識者を講師としてお招きし、ASEANワークショップを開催しています。

平成30年度第2回ASEANワークショップでは、三重野文晴氏(京都大学東南アジア地域研究研究所 副所長・教授)から、「後発ASEAN諸国の金融システムと支援の課題―ラオスの事例を中心に―」についてご講演いただき、題目に関する質疑応答及び自由討論を行いました。


ワークショップの模様
【ワークショップの模様】

6月の国際交流

〇 6月5日(水曜日):第13回日中韓3か国ワークショップ

財務総合政策研究所は、アジアが共有する経済・財政上の課題について研究を行うことを目的として、中国社会科学院(CASS)及び韓国対外経済政策研究院(KIEP)とともに、2007年からワークショップを年1回持ち回りで開催しています。

6月5日、東京(三田共用会議所)にて第13回のワークショップを開催し「人口構造の変化が与える各国の中期的な財政政策への影響」「年金制度の持続性と課題」「人口構造の変化が与えるマクロ経済への影響」の3つのセッションにおいて、参加各国の発表者によるプレゼンテーションの後、討論者によるコメントや質疑応答が行われました。


冒頭挨拶の模様ワークショップの模様
【冒頭挨拶の模様】【ワークショップの模様】
〇 宗永財務総研特別研究官及び中村財務総研特別研究官のウズベキスタン訪問
〇(6月9日〜15日)(金融財政アカデミー(BFA)支援等)

財務総合政策研究所(以下「財務総研」)では、市場経済移行国に対する知的支援の一環として、ウズベキスタンの財務省等の若手幹部候補生の研修機関である金融財政アカデミー(BFA: Banking and Finance Academy)に対する様々な支援を行っています。

今般、宗永財務総研特別研究官兼BFA第一副院長及び中村財務総研特別研究官はウズベキスタンを訪問し、アシュラカノフ財務次官をはじめとするウズベキスタン政府関係者等と意見交換を行いました。

また、BFA学生(2018年度 中央アジア・コーカサスセミナー修了生)に対する修士論文最終口頭試問、BFA及びウルゲンチ国立大学における特別講義を実施しました。


アシュラカノフ財務次官との面会の模様
【アシュラカノフ財務次官との面会の模様】
〇 6月12日(水曜日)〜 6月14日(金曜日):中国訪問(北京)

財務総合政策研究所では、中国の主要研究機関との間で、経済・財政分野での研究交流を行っています。

6月に北京で、中国財政部財政科学研究院(CAFS)、中国社会科学院(CASS)世界経済・政治研究所、中国国家発展改革委員会(NDRC)マクロ経済研究院等を訪問し、同国の経済情勢や米中貿易摩擦の影響等について意見交換を行いました。


財政部財政科学研究院での面会社会科学院世界経済・政治研究所での面会
【財政部財政科学研究院での面会】【社会科学院世界経済・政治研究所での面会】

6月のセミナー等

〇 先端セミナー

財務総合政策研究所では、第一線の研究者を講師にお招きし、学会もしくは研究者ご自身の先端的な研究内容についてレクチャーいただく先端セミナーを開催しています。

6月は、以下のとおり開催しました。


6月21日(金曜日)
演題 :
講師 :
 
「機械学習手法を用いたビッグデータ分析事例と実務での活用方策について」
宮川 大介(一橋大学大学院経営管理研究科准教授)
宮川大介氏の写真
【宮川 大介 氏】

ランチミーティング

財務総合政策研究所では、財務省の政策立案に資する観点から、広範囲に亘り内外から有識者をお招きし、先端的な情報を聴取しております。6月は、以下のとおり開催しました。

6月11日(火曜日)
演題 :
講師 :
 
「幸せ職員が増えれば、職場も成果も変わる!」
安藤 哲也(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)
安藤哲也氏の写真
【安藤 哲也 氏】
6月21日(金曜日)
演題 :
講師 :
 
「国際政治リスクと世界経済」
太田 知宏(ゴールドマン・サックス証券(株)シニア・エコノミスト)
太田知宏氏の写真
【太田 知宏 氏】

財務総研トピックス(月別)

 ページ先頭へ