財務総合政策研究所

サイトマップ

財務総研トピックス

12月の研究会等

12月7日(木曜日):「平成29年度第1回インドワークショップ」

第1回会合では、西M徹氏(第一生命経済研究所主席エコノミスト)より「インド経済動向と今後の展望〜モディ政権3年間の振り返りと今後の見通し〜」と題し発表があり、題目に関する質疑応答、自由討論を行いました。


西M徹の写真  ワークショップの模様
      【西M徹氏】                                  【ワークショップの模様】

12月14日(木曜日):「平成29年度第1回ASEANワークショップ」

第1回会合では、出町一恵氏(東京外国語大学特任講師)から「低開発資源国のマクロ経済運営の課題」と題し発表があり、題目に関する質疑応答及び自由討論を行いました。


出町一恵氏の写真  ワークショップの模様
      【出町一恵氏】                                  【ワークショップの模様】

12月21日(木曜日):「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」第4回会合

12月21日に開催された「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」第4回会合では、高木聡一郎氏(国際大学GLOCOM准教授/主幹研究員、研究部長)から「ブロックチェーンと生産性向上」について、安宅和人氏(ヤフー株式会社CSO(チーフストラテジーオフィサー))から「シン・二ホンAI×データ時代における日本の再生と人材育成」について、吉川洋氏(立正大学経済学部教授/財務総合政策研究所名誉所長)から「生産性向上に向けた需要創出」についてご講演いただき、その後、質疑応答、意見交換を行いました。

 

(参考)イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会 財務総合政策研究所では、財政・経済に密接な、時代に即したテーマに関する研究会を開催しています。研究会では、テーマに関する専門家のほか、財務総合政策研究所メンバーをはじめとした省内参加者も加えて議論を行っています。

平成29年度においては、「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」を開催しています。日本経済を取り巻く制約(人口減少、財政等)を打破し、より力強い経済成長を達成するには、イノベーションが欠かせません。本研究会では、イノベーションを通じて、生産性向上を目指すための方策について提言し、企業に対して将来を見据えた合理的な企業行動を促すことを目指します。


高木准教授  安宅CSO  吉川教授
【高木准教授】                              【安宅CSO】                               【吉川教授】    

「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」の詳しい内容はこちら

12月25日(月曜日):「平成29年度第1回中国研究会」

第1回会合では、田中修委員(財務総合政策研究所中国研究交流顧問)から「第19回党大会の経済的意義」、國分良成座長(防衛大学校長)から「中国・習近平体制の検証―19回党大会とその後」と題し、それぞれ発表があり、題目に関する質疑応答及び自由討論を行いました。


田中委員の写真  國分座長の写真
   【田中委員】                                          【國分座長】

 

12月の国際交流

12月5日(火曜日)〜8日(金曜日):ミャンマー中小企業金融支援第ローマ数字2期支援に向けたフィージビリティ調査の実施

財務総合政策研究所は、2015年4月よりミャンマー経済銀行(MEB)等に対し、(株)日本政策金融公庫国民生活事業本部の協力の下、中小企業金融に関する技術協力を実施しております。

今般、MEB及び関係機関(計画財務省、中央銀行等)から財務総合政策研究所に対し、支援継続の要請があったことから、次期支援に向けたフィージビリティ調査を実施しました。


MEB幹部との協議の模様
【MEB幹部との協議の模様】

 

ランチミーティング

財務総合政策研究所では、財務省の政策立案に資する観点から、幅広い観点からの有益な情報を得るため、内外から多様な知見を有する方をお招きし、広範囲かつ先端的な情報を聴取しております。

12月は、以下のとおり開催しました。


12月6日(水曜日)  竹内幹(一橋大学大学院経済学研究科准教授)の写真
演題 :
講師 :
 
ノーベル経済学賞「行動経済学」について(PDF:675KB)
竹内幹(一橋大学大学院経済学研究科准教授)
 
12月12日(火曜日)  柳良平氏の写真
演題 :
講師 :
 
日本企業のガバナンス改革と世界の投資家視座(PDF:4437KB)
柳良平(東洋大学国際学部客員教授/早稲田大学大学院兼任講師/エーザイ株式会社常務執行役CFO(最高財務責任者))
 

 

財務総研研究会

財務総合政策研究所では、ディスカッション・ペーパーの発表に先立つ所内での内容検討等を行う財務総研研究会を開催しております。

12月は、以下のとおり開催しました。


12月18日(月曜日)
演題 :
発表者 :
 
コメンテーター :
 
「責任会計についての論点の整理」
大西淳也(財務総合政策研究所客員研究員/総務省大臣官房審議官(公営企業担当))
梅田宙(専修大学商学部助教)
柏木恵(財務総合政策研究所客員研究員/キヤノングローバル戦略研究所主任研究員)
 
12月19日(火曜日)
演題 :
発表者 :
 
「ラオスにおける会計制度の現状と課題」
藤田圭一(財務総合政策研究所総務研究部国際交流課上席研究員)
伊藤誠剛(財務総合政策研究所総務研究部国際交流課研究員)

研究会の模様
【研究会の模様】
 

12月の刊行物

Monthly Finance Review

NUMBERCONTENTS
No.532 (November)STATISTICS (Released by Ministry of Finance)
PUBLIC RELATIONS & PRESS RELEASE
APPENDIX
MAIN ECONOMIC INDICATORS OF JAPAN

財政金融統計月報

題名内容
第784号「関税特集」(2017年8月号)関税改正
貿易・税関手続きを巡る国際的な動き
税関行政の主要施策の現状
最近における我が国の貿易動向
関税統計
貿易統計 等

財務総研トピックス(月別)