特別研究官Senior Research Fellow
横山 彰
YOKOYAMA Akira

研究分野 主な関心領域


財政学、公共選択、総合政策

学歴・略歴


1972年 慶應義塾大学経済学部卒業

1979年 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程満期退学

1987年 アメリカ合衆国ジョージ・メイソン大学公共選択研究センター客員研究員

1991年 城西大学経済学部教授

1992年 慶應義塾大学博士(乙)(経済学)

1993年 中央大学総合政策学部教授


主な著作物  (著書・編著、論文等)


  • 『財政の公共選択分析』東洋経済新報社、1995年
  • 『分権化財政の新展開』(共編著)中央大学出版部、2007年
  • 『現代財政学』(共著)有斐閣、2009年
  • 『格差対応財政の新展開』(共編著)中央大学出版部、2016年
  • “An Economic Theory of Persuasion,” Public Choice, 71(1-2): 101-115, 1991.
  • 「ケインズ政策と公共選択」『フィナンシャル・レビュー』(45): 50-60、大蔵省財政金融研究所、1998年
  • The Calculus of Consent at Fifty: The Development of Public Choice in Japan,” Public Choice, 152(3-4): 345-349, 2012
  • “Federalism and Intergovernmental Networks: Reflections on Friedrich and Tullock,” Journal of Public Finance and Public Choice, 32(1-3): 177-190, 2014
  • 「地方税原則の立憲的基礎」『地方税』67(3): 2-13、地方財務協会、2016年
  • 「租税支出の政治的要素と政策的含意」『会計検査研究』(55): 5-12、会計検査院、2017年

リンク他


 

 

arrow_r2.gifページ先頭へ