特別研究官Senior Research Fellow
清水  順子
SHIMIZU Junko

研究分野


国際金融論(特に、東アジア諸国にとっての最適な為替制度、国際通貨政策、通貨バスケット、国際資本フロー、貿易建値通貨等に関わる実証分析と政策提言)

略歴


1982年一橋大学経済学部卒業
その後Chase Manhattan 銀行、日本興業銀行(London、本店)、 Bank of America Int l(London)、Morgan Stanley(東京)等に勤務した後、
1999年4月一橋大学大学院商学研究科入学
2004年3月一橋大学大学院商学研究科博士課程修了、博士(商学)取得
2004年4月一橋大学大学院商学研究科助手
2006年4月明海大学経済学部准教授
2008年4月専修大学商学部准教授を経て
2012年4月学習院大学経済学部教授就任

 

主要業績(論文、著書、学外での活動)

 

論文(査読付き)

  • “Asian Monetary Unit(AMU) as a Surveillance Indicators for Regional Monetary Cooperation”(with E. Ogawa)Journal of Int’ l Commerce, Economics and Policy, Vol. 2, Issue 1, p.67-83.(2011年6月)
  • “New Estimates of the Equilibrium Exchange Rate: The Case for the Chinese Renminbi”,(with K. Sato, et al.), The World Economy vol. 35(4), p.419-443(2012年)
  • “The Choice of an Invoicing Currency by Globally Operating Firms: A Firm-level Analysis of Japanese Exporters”,( with T. Ito, S. Koibuchi, K. Sato), International Journal of Finance & Economics, Vol 17 Issue 4,(2012年4月)
  • “Industry-specific Real Effective Exchange Rates and Export Price Competitiveness: The Cases of Japan, China and Korea,”(with K. Sato,et. al),Asian Economic Policy Review, 8(2), p.298-321.(2013年12月)
  • 「 アベノミクスと円安・貿易赤字・日本の輸出競争力」RIETI Discussion Paper 14-J-022(佐藤清隆氏との共著)(2014年4月)
  • "Competitiveness, Productivity, and Industry-Specific Effective Exchange Rate of Asian Industries," (with K. Ito), Asian Economic Journal, Vol.29, Issue 2, pp. 181-214. (2015年)
  • “Do exchange rate arrangements and capital controls influence international capital flows and housing prices in Asia?” (with S. Ohno), Journal of Asian Economics, Volume 39, Pages 1–18. (2015年)
  • "Exchange Rate Exposure and Exchange Rate Risk Management: The case of Japanese exporting firms," (with T. Ito, S. Koibuchi, and K. Sato), Journal of The Japanese and International Economies, 41: pp/17-29. (2016年)
  • “Industry-specific exchange rate volatility and intermediate goods trade in Asia,” (with K. Sato, N. Shrestha and S. Zhang), Scottish Journal of Political Economy, Vol 63 Issue 1, 89-109.(2016年2月)
  • 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択 「平成25年度 日本企業の貿易建値通貨の選択に関するアンケート調査」結果概要, RIETI Discussion Paper 16-J-035.(2016年)
  • 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択:「2017年度日本企業の貿易建値通貨の選択に関するアンケート調査」結果, (伊藤 隆敏氏、鯉渕 賢氏、佐藤 清隆氏との共著)、RIETI Discussion Paper 18-J-025. (2018年)
  • “International use of the renminbi for invoice currency and exchange risk management: Evidence from the Japanese firm-level data,” (with K. Sato), North American Journal of Economics and Finance, Volume 46, Pages 286-301. (2018年11月)

 

著書:

  • 『グローバル・インバランスと国際通貨体制』(編著)第5章「アジア通貨を巡る課題と展望」、 東洋経済新報社(2013年2月)
  • 「相場が大きく動くのはなぜですか――為替の話」第9章『経済学者に聞いたら、ニュースの本当の ところが見えてきた』日本経済新聞社(編著)(2013年7月)
  • 『ユーロ圏危機と世界経済: 信認回復のための方策とアジアへの影響』(共編著), 第7章, 東京大学 出版会 (2015年6月)
  • 『激流アジアマネー:新興金融市場の発展と課題』小川英治(共編著) 第3章, 日本経済出版社 (2015年6月)
  • 『世界金融危機後の金融リスクと危機管理』(共編著)第6章「アジアの資本フロー・通貨と金融危機管理」 東京大学出版会 (2017年7月)
  • "Managing Currency Risk" (with T. Ito, S. Koibuchi, and K. Sato),Ed. Elgar.ISBN978-1-78536-0021 (2018年7月)

 

学外での活動

所属学会:日本金融学会(常任理事)、日本経済学会、日本国際経済学会、日本生活経済学会
その他:財務省:関税・外国為替等審議会 関税・外国為替等分科会委員
文部科学省:教科用図書検定調査審議会委員
環境省:環境情報開示基盤整備事業WG 委員
国際金融情報センター 評議員
独立行政法人GPIF 運用委員(2013 年4 月から 2017 年9 月)
ASEAN+3 Macroeconomic Research Office(AMRO), Singapore, Visiting Fellow(9/2017-2/2018)
Center on Japanese Economy and Business, Columbia Business School, NY, Visiting Fellow(3/2018-7/2018)

 

ページ先頭へ