特別研究官Senior Research Fellow
林 正義
HAYASHI Masayoshi

研究分野 主な関心領域


財政、政府間財政、再分配政策

学歴・略歴


1989年 青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科卒業(政治学士)

1991年 青山学院大学国際政治経済学研究科国際政治学専攻博士課程中途退学(政治学修士)

1991年 三和総合研究所(現、三菱UFJリサーチ&コンサルティング)研究員(〜1999年)

1998年 クイーンズ大学(カナダ)よりPh.D. (経済学)取得

1999年 明治学院大学経済学部講師(2002年より助教授)

2004年 一橋大学大学院経済学研究科助教授

2004年 財務総合政策研究所総括主任研究官

2007年 一橋大学大学院経済学研究科/国際・公共政策大学院准教授

2010年 東京大学大学院経済学研究科准教授

2014年 東京大学大学院経済学研究科教授


主な著作物  (著書・編著、論文等)


  • Information sharing, neighborhood demarcation, and yardstick competition: An empirical analysis of intergovernmental expenditure interaction in Japan. International Tax and Public Finance 24(1), 134–163, 2017. (with W. Yamamoto)
  • Should the Japanese tax system be more progressive? An evaluation using the simulated SMCFs based on the discrete choice model of labor supply. International Tax and Public Finance 22(1), 144–175, 2015. (with S. Bessho)
  • Increasing marginal costs and satiation in the private provision of public goods: Group size and optimality revisited. International Tax and Public Finance 14(6), 673–683, 2007. (with H. Ohta)
  • An empirical analysis of intergovernmental tax interaction: The case of business taxes in Canada. (with R. Boadway) Canadian Journal of Economics 34(2), 481–503, 2001. [one of the three papers nominated for the Harry-Johnson prize in 2001]
  • 『生活保護の経済分析』(共著)、東京大学出版会、2008、[第51回日経・経済図書文化賞受賞図書]
  • 「地方交付税の経済分析: 現状と課題」『経済政策ジャーナル』3(2), 6–24、2006、[日本経済政策学会研究奨励賞受賞論文]
  • 「地方自治体の最小効率規模: 地方公共サービスの供給における規模の経済と混雑効果」『フィナンシャル・レビュー』(61) 59–89、2002、[日本地方財政学会佐藤賞受賞論文]

リンク他


 

 

arrow_r2.gifページ先頭へ