このページの本文へ移動
 
  
 
特別研究官Senior Research Fellow
宇南山 卓
UNAYAMA Takashi

研究分野 主な関心領域


日本経済論,経済統計学

学歴


1997年 東京大学経済学部経済学科卒業

1999年 東京大学大学院経済学研究科 修士課程修了 

2004年 東京大学大学院経済学研究科 博士課程修了(同年、博士(経済学)取得)

 

職歴


2002年 慶応義塾大学 総合政策学部 講師

2003年 京都大学 経済研究所 講師 

2006年 神戸大学大学院経済学研究科 助教授 

2007年 神戸大学大学院経済学研究科 准教授(名称変更)

2012年 一橋大学経済研究所 准教授

2013年 財務省財務総合政策研究所総括主任研究官

2015年 一橋大学経済研究所 准教授

2019年 一橋大学経済研究所 教授

2020年 京都大学経済研究所 教授


主な著作物  (著書・編著、論文等)


  • "Estimating the Impacts of Program Benefits: Using Instrumental Variables with Underreported and Imputed Data " (with Melvin Stephens, Jr.) Review of Economics and Statistics, vol. 101, pp. 468-475 (2019)
  • 『マクロ経済学の第1歩』(柴田章久氏と共著)有斐閣 (2013)
  • 『Introduction to Japanese Household Surveys』Springer (2018)
  • “Upward Bias in the Consumer Price Index Under the Zero Inflation Economy,” Economics Letters, vol. 85, pp. 139-144. (2004)
  • “The Engel Curve for Alcohol and the Rank of Demand Systems,” Journal of Applied Econometrics, vol. 21, pp. 1019-1038. (2006)
  • 「結婚・出産と就業の両立可能性と保育所の整備」『日本経済研究』65号:日本経済研究センター, pp. 1-22. (2011年)
  • “The Consumption Response to Seasonal Income: Evidence from Japanese Public Pension Benefits,” (with Melvin Stephens Jr.), American Economic Journal: Applied Economics, vol. 3, pp. 86-118. (2011)
  • “The Impact of Retirement on Household Consumption in Japan,” (with Melvin Stephens Jr.), Journal of Japanese and International Economies, vol. 26, pp. 62-83. (2012)
  • “Child Benefit Payments and Household Wealth Accumulation,” (with Melvin Stephens Jr.) Japanese Economic Review, vol 66, pp.447-465. (2015)
  • “Measuring Intertemporal Substitution in Consumption: Evidence from a VAT Increase in Japan,” (with David Cashin) Review of Economics and Statistics. vol. 98, pp.285-297. (2016)

 

 

arrow_r2.gifページ先頭へ