総括主任研究官

Chief Economist

別所 俊一郎

BESSHO Shun-ichiro

研究分野 主な関心領域


財政学・金融論、地方財政、所得税、労働供給


学歴


平成9年(1997年3月)東京大学経済学部経済学科卒業
平成9年(1997年4月)株式会社日本総合研究所調査部研究員
平成13年(2001年3月)東京大学大学院経済学研究科現代経済専攻修士課程修了
平成13年(2001年4月)日本学術振興会特別研究員 (DC1)
平成15年(2003年7月)財務省財務総合政策研究所 研究官
平成18年(2006年3月)東京大学大学院経済学研究科現代経済専攻博士課程修了、博士(経済学)
平成18年(2006年4月)一橋大学大学院経済学研究科/国際・公共政策大学院専任講師
平成23年(2011年10月)慶應義塾大学経済学部准教授
平成29年(2017年1月)東京大学大学院経済学研究科准教授
  

主な著作物(著書・編著、論文等)


  • Bessho, Shun-ichiro and Kimiko Terai. (2013) “Fiscal restraints by advisors”, Economics of Governance14(3), 205-232
  • Bessho, Shun-ichiro and Masayoshi Hayashi. (2015) “Should Japanese tax system be more progressive? An evaluation using simulated SMCFs based on the discrete choice model of labor supply.”, International Tax and Public Finance, 22(1), 144-175.
  • Bessho, Shun-ichiro and Hikaru Ogawa. (2015) “Fiscal adjustment in Japanese municipalities”. Journal of Comparative Economics 43(4), 1053-1068.
  • Takaku, Reo and Shun-ichiro Bessho. (2017) “Do benefits in kind or refunds affect health service utilization and health outcomes? A natural experiment from Japan”. Health Policy, forthcoming.

 

arrow_r2.gifページ先頭へ