日本の企業行動に関するワークショップ
「今、日本の経営者に求められる企業価値の向上と企業経営
−日本企業の現金保有は果たして合理的か−」
開催について
2018年6月22日(金曜日)13:30〜15:30

目的

現在、日本企業は記録的な高収益を上げている。企業全体をみると賃金が緩やかに上昇し設備投資額も増加しているが、企業収益の伸びに比するとまだ小さい。結果として企業が保有する現預金がバランスシート上に積み上がり続けている。

日本企業のROE(自己資本利益率)はここ数年緩やかに上昇してきているものの、国際的には依然として見劣りしている。収益ひいては企業価値の向上に結びつかない現預金の積み増しは、市場からも評価されているとは言えず、このような日本企業の行動の合理性には懐疑的にならざるをえない。

企業に改善を促すコーポレートガバナンス改革を通じた企業行動の変革は道半ばである。日本経済及び日本企業がさらに成長するために、企業の経営者が果断な経営判断を行うための方策を考える。

プログラム

 13:30〜開催挨拶
     土井 俊範(財務省財務総合政策研究所長)
 13:32〜13:50講演「日本企業の現預金保有行動とその合理性の検証」
     奥 愛(財務省財務総合政策研究所 総括主任研究官)
 13:50〜14:30講演「ガバナンスコード改訂が企業経営にもたらすもの」
     中神 康議 氏(みさき投資株式会社 代表取締役社長)
 14:30〜15:30パネルディスカッション及びQ&A

パネルディスカッション登壇者

山本 高稔 氏(株式会社日立製作所 社外取締役、東京エレクトロン株式会社 社外監査役)
浅古 有寿 氏(株式会社バンダイナムコホールディングス 取締役 経営企画本部長)
中神 康議 氏(みさき投資株式会社 代表取締役社長)
土井 俊範  (財務省財務総合政策研究所長)
モデレーター:目黒 克幸(財務省財務総合政策研究所総務研究部長)

概要

 開催日時 2018年6月22日(金曜日) 13:30〜15:30(受付時間 13:00〜)
 会場 アジア開発銀行研究所(ADBI)会議室
 〒100-6008
 東京都千代田区霞ヶ関3 丁目2 番5 号 霞ヶ関ビル8 階
 http://www.kasumigaseki36.com/access/index.html新しいウィンドウで開きます
 主催 財務省財務総合政策研究所
 参加費 無料
 定員 100名(先着順)
 参加申込 下記メールアドレス宛に必要事項をご記入の上、お申込みください。
  •  送付先  pri_ws@mof.go.jp
  •  件名   「ワークショップ申込み」
  •  必要事項 マル1所属、マル2役職、マル3氏名、マル4連絡先(電話番号、メールアドレス等)
 問い合わせ先 財務省財務総合政策研究所 総務研究部
 TEL 03-3581-4111(内線5489、5229)
 ※電話、FAXによる申込み及びキャンセル待ちは受け付けておりません。
20180622.jpg(PDF:667KB)