財務総合政策研究所

サイトマップ
 財務総研TOP > 研究活動 > 2014年度インドワークショップ

 

「2014年度インドワークショップ」

 I. 目的

   2000年代、GDP成長率7.2%の高発展を続けて来たインド経済だが、2012・2013年度は5%を切るまでに減速している。そのような中、2014年の下院総選挙ではインド人民党(BJP)が地滑り的大勝を収め、政権交代が実現した。首相に就任したナレンドラ・モディ氏はグジャラート州首相時代に同州への企業誘致の成功により高成長を実現し、その手腕が高く評価されている。モディ政権が今後いかに経済改革を推し進め、インドを再び高成長路線に戻すことができるかどうか、国内外から高い注目を集めている。

   今年度のインドワークショップでは、モディ政権の経済政策の理解に加え、今後のインドの経済発展に重要と思われる投資環境等にも焦点をあてる。

 

 II. 座長・講師(敬称略)

座長 :

浦田 秀次郎早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授

講師:(第1回)

小林 公司みずほ総合研究所調査本部アジア調査部 主任研究員

講師:(第2回)

川村 安宏双日オートモーティブエンジニアリング(株) 代表取締役社長

講師:(第3回)

Shekhar Shahインド応用経済研究所(NCAER) 所長
 開催状況
 
2014年度講師資料議事要旨
第1回
(2014年10月28日)
インド新政権の経済政策について(PDF:775KB)

 

 ◆(議事録)2014年度第1回インドワークショップ (PDF:375KB)


第2回
(2014年12月3日)
双日のインドにおける活動概況と課題(PDF:1107KB)

 

 ◆(議事録)2014年度第2回インドワークショップ (PDF:366KB)


第3回
(2015年1月21日)
Modinomics meets Abenomics: Will Japan Make More in India?(PDF:187KB)

 

 ◆(議事録)2014年度第3回インドワークショップ (PDF:302KB)


 過去のインドワークショップ

過去のインドワークショップはこちら


 連絡・問合わせ先

財務省 財務総合政策研究所 国際交流室
TEL03-3581-4111(内線5268)