財務総合政策研究所

サイトマップ

 

「国際的な資金フローに関する研究会」(2011年10月〜)

 1.研究内容

  

   金融グローバル化の進展や新興国の台頭などにより国際的な資金フローが益々拡大し、その動向が世界経済に様々な影響を与えている。本研究会では、主要国・地域間の国際的な資金フローについての現状分析を踏まえ、国際的な資金フローを巡る我が国及びそれを取りまくアジアにおける将来の安定的な成長と発展に向けた構造的な課題を検討する。その際、中長期的な視点に立って、国際的な資金フローの全体像、基調的な資金フローの変動要因、金融セクターの役割、外貨準備など公的資金の影響、マクロプルーデンス規制のあり方、国際通貨制度に関する課題など横断的なテーマを取り上げるとともに、国際的な資金フローを巡る個別の国・地域における状況などについても情報収集や分析を行う。

 2.メンバー(敬称略、発表メンバーは50音順 役職名は2011年10月現在)

・座長

  貝塚 啓明 財務総合政策研究所顧問

・メンバー

  市川 眞一 クレディ・スイス証券チーフ・マーケット・ストラテジスト
    祝迫 得夫 一橋大学経済研究所准教授
    岩本 武和 京都大学大学院経済学研究科教授
    嘉治 佐保子 慶應義塾大学経済学部教授
    加藤 隆俊 国際金融情報センター理事長
    河合 正弘 アジア開発銀行研究所(ADBI)所長
  清水 順子 専修大学商学部准教授
  竹森 俊平 慶應義塾大学経済学部教授
  福田 慎一 東京大学大学院経済学研究科教授
  松林 洋一 神戸大学大学院経済学研究科教授
     
 3.研究会の進め方

 

   2011年10月から2012年3月までに月に1〜2回の頻度で開催する。各会合では、発表を基に自由討論を行う。研究成果として報告書としての取りまとめを予定している。

 4.議事要旨・発表資料 
第1回:2011年10月6日(木)16時〜18時15分


   発表者:市川 眞一   クレディ・スイス証券チーフ・マーケット・ストラテジスト
   テーマ:「過剰流動性下で縮小するリスクマネー」

 

   発表者:中空 麻奈   BNPパリバ証券クレジット調査部長
   テーマ:「2011年度下期見通し〜9月危機説を乗り越え、次のステップへ?〜」

 

第2回:2011年11月1日(火)13時〜15時


   発表者:岩本 武和   京都大学大学院経済学研究科教授
   テーマ:「対外インバランスと評価効果の非対称性−「富の移転」に関する日米比較−」

 

   発表者:大山 剛   有限責任監査法人トーマツ金融インダストリーグループパートナー
   テーマ:「マクロ経済安定化という視点からみたバーゼルローマ数字3等最近の金融規制の評価」

 

第3回:2011年11月29日(火)13時〜15時15分


   発表者:安井 明彦   みずほ総合研究所ニューヨーク事務所長
   テーマ:「米国の経済財政運営について」

 

   発表者:中尾 武彦   財務省財務官
   テーマ:「最近の国際金融情勢について」

 

第4回:2011年12月15日(木)14時〜16時15分


   発表者:竹森 俊平   慶應義塾大学経済学部教授
   テーマ:「資金のミスアロケーション促進の仕組みとしての【ユーロ】」

 

   発表者:宮地 正人   (株)三菱東京UFJ銀行執行役員アジア・中国部長
   テーマ:「三菱東京UFJ銀行のアジア戦略と各国の金融市場について」

 

第5回:2011年12月21日(水)13時〜15時15分


   発表者:上田 淳二  財務総合政策研究所財政経済計量分析室長
         吉川  聡   財務総合政策研究所総括主任研究官
   テーマ:「国際的な資金フローの現状」

 

   発表者:松林 洋一   神戸大学大学院経済学研究科教授
   テーマ:「対外不均衡と国際資金フロー:グローバル・インバランス論を超えて」

 

第6回:2012年1月26日(木)14時〜16時15分


   発表者:渡邉 賢一郎   日本銀行国際局審議役
   テーマ:「国際金融の諸問題 中央銀行の視点」

 

   発表者:祝迫 得夫   一橋大学経済研究所教授
   テーマ:「今後のマクロ・プルーデンス政策のあり方について」

 

第7回:2012年2月9日(木)14時〜16時15分


   発表者:清水 順子   専修大学商学部准教授
   テーマ:「アジア域内の資本フローの特徴・アジア域内の貿易建値通貨選択について」

 

   発表者:関 雄太   (株)野村資本市場研究所研究部長
   テーマ:「機関投資家の実状と運用行動(米国を中心に)」

 

第8回:2012年2月23日(木)14時〜16時15分


   発表者:嘉治 佐保子   慶應義塾大学経済学部教授
   テーマ:「通貨体制の選択と経済安定」

 

   発表者:氷見野 良三   金融庁総務企画局参事官
   テーマ:「バーゼルIIIの実施及びG-SIFIに関する新たな枠組みについて」

 

 5.研究会の成果 
報告書の概要(2012年6月22日)(PDF:319KB)PDF