財務総合政策研究所

サイトマップ

報道発表

平成30年3月29日

財務省

財務総合政策研究所が「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」
の報告書を取りまとめました

財務総合政策研究所は、平成29年9月から平成30年1月にかけて「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」(座長:大橋弘東京大学大学院経済学研究科教授)を開催し、今般、研究会における議論を踏まえた論文からなる報告書を取りまとめました。


人口減少や財政制約など日本経済を取り巻く様々な課題を乗り越えて、より力強い経済成長を達成するには、イノベーションが欠かせません。本研究会では、イノベーションを通じて、生産性向上を目指すための方策について議論しました。


本研究会においては、機械学習やビッグデータといったイノベーションを果敢に取り込みながら、付加価値の創出とその収益化との間の循環(プロセス)を回復する取組が産官学に求められるとの提言がなされました。



なお、本報告書の内容や意見はすべて執筆者個人の見解であり、財務省あるいは財務総合政策研究所の公式見解を示すものではありません。


(ご参考)「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」URL

https://www.mof.go.jp/pri/research/conference/fy2017/inv2017.htm

企業の投資戦略に関する研究会ページへのQRコード

【連絡先】

財務省財務総合政策研究所総務研究部

総括主任研究官 奥

主任研究官    橋本

研究企画係   青山

電話: 03-3581-4111(財務省代表)

内線: 5331, 5229