『平成財政史−平成元〜12年度』
 第8巻(総説・財政会計制度・予算・特別会計・政府関係機関<資料編>)の刊行について 

このたび、『平成財政史−平成元〜12年度』第8巻(総説・財政会計制度・予算・特別会計・政府関係機関<資料編>)を刊行しました。

   

本書は、平成の始めから財務省が発足(平成13年1月6日)した時期である平成12年度までを対象に、総説・財政会計制度・予算・特別会計・政府関係機関の資料を掲載しています。

   

財政史の編纂は、行政の企画・立案及び一般の学術研究の参考の用に供することを目的としていますので、本書が、行政の実務者、研究者、学生など幅広い方々に御活用いただけることを願っています。

   

なお、『平成財政史−平成元〜12年度』第8巻(総説・財政会計制度・予算・特別会計・政府関係機関<資料編>)は、一般に販売されている刊行物です。

   

販売についての詳細は、一般財団法人大蔵財務協会(電話:03-3829-4142)にお問い合わせください。

   

平成財政史第8巻 表紙【執筆者】
[総説]林 健久(東京大学名誉教授)
石 弘光(一橋大学名誉教授)(故人)
[財政会計制度]石田 久和(元株式会社証券保管振替機構審議役)
[予算]池上 岳彦(立教大学統括副学長/経済学部教授)
井手 英策(慶応義塾大学経済学部教授)
宮島 洋(東京大学名誉教授)
[特別会計]柴田 善雅(大東文化大学国際関係学部教授)
[政府関係機関]早川 大介(愛知大学経済学部准教授)
(役職名は本巻の刊行時のもの。)
目次(PDF:707KB)

  

お問い合わせ 財務省財務総合政策研究所資料情報部財政史室

電話:03−3581−4111(内線5323)

 

ページ先頭へ