ウズベキスタン金融財政アカデミー(BFA)支援
(BFA学生に対する修士論文の最終口頭試問)

「ウズベキスタン金融財政アカデミー」(BFA:Banking and Finance Academy)は、ウズベキスタンの金融・財政・税制各部門の政策運営等を国際的水準に引き上げることを目的として、1996年に設立された高等教育機関です。財務総合政策研究所(以下財務総研)では、同国の人材育成に関する知的支援活動の一環として、BFA設立当初から、BFA第一副院長(非常勤)を推薦・派遣するとともにBFA学生の日本でのセミナーの受入、現地での特別講義の実施など様々な支援を行っています。

今般、BFAにおいて、BFA学生(2019年度中央アジア・コーカサスセミナー修了者10名)に対する修士論文の最終口頭試問が、テレビ会議方式で2日間にわたり実施されました。BFA第一副院長及び最終口頭試問審査委員会の委員長を兼務する宗永財務総研特別研究官が、同最終口頭試問に出席しました。最終口頭試問がテレビ会議により実施されたのは初めてです。

 

 

最終口頭試問の写真1最終口頭試問の写真2
【最終口頭試問の様子】

 

ページ先頭へ