日中財政シンクタンクフォーラムの開催
令和元年12月6日

 

財務総合政策研究所では、中国の主要研究機関との間で、経済・財政分野での研究交流を行っています。中国財政部におけるシンクタンクである中国財政科学研究院とは、平成28年から毎年フォーラムを共催しており、令和元年12月6日には第4回となる「日中財政シンクタンクフォーラム」を東京で開催しました。

 

本フォーラムでは「高齢化社会における構造改革と財政の持続可能性」のテーマの下、「高齢化と地域社会」と「社会保障と財政の持続可能性」の2つのセッションを通じて、講演者よりご発表いただきました。また、各発表に関して、コメンテーターによるコメントがあり、その後討論が行われました。

 

〈開会挨拶〉

大鹿行宏(財務総合政策研究所 所長)

劉尚希(中国財政科学研究院 院長)

 

〈セッション1:高齢化と地域社会〉

議長 : 中澤亨 (財務総合政策研究所 総務研究部長)

発表者 :

秋山弘子 (東京大学名誉教授、一般社団法人高齢社会共創センター長)

  「長寿社会のまちづくり〜生涯現役社会をめざして〜」 

劉尚希 (中国財政科学研究院 院長)

  「中国の高齢化、経済成長および社会化改革」   

コメンテーター:

高橋紘士 (東京通信大学人間福祉学部教授、高齢者住宅財団前理事長、高齢者住宅協会顧問)

王振宇 (遼寧大学地方財政研究院院長)

    

〈セッション2:社会保障と財政の持続可能性〉

議長 : 傅志華 (中国財政科学研究院 副院長)

発表者 :

趙福昌 (中国財政科学研究院 財政・国家統治研究センター主任)

  「高齢化と中国養老保険の世代間バランス」

井堀利宏 (政策研究大学院大学特別教授)

  「社会保障と財政の持続可能性」

コメンテーター:

楊良初 (中国財政部財政科学研究院 社会発展研究センター主任)

小林慶一郎 (東京財団政策研究所研究主幹)

田中修 (財務総合政策研究所 中国研究交流顧問)

 

〈閉会挨拶〉

高見博 (財務総合政策研究所 副所長)

傅志華 (中国財政科学研究院 副院長)

 

フォーラムの模様
【フォーラムの模様】
出席者の集合写真
【出席者の集合写真】

 

 

ページ先頭へ