このページの本文へ移動

外国為替平衡操作の実施状況

統計の概要

統計の目的

 為替相場は、基本的には、各国経済のファンダメンタルズを反映し、マーケットの需給により市場において決定されるものです。しかし、為替相場が思惑等により、ファンダメンタルズから乖離したり、短期間のうちに大きく変動する等、不安定な動きを示すことは好ましくないことから、為替相場の安定を目的として通貨当局が市場において、外国為替取引(介入)を行うことがあります。本統計は、通貨当局が介入した実績額について公表しています。

統計の時期

 通貨当局が介入した実績額についてはその総額を一か月毎に、また介入実績の詳細(実施日、介入額、売買通貨)については四半期毎に、それぞれ対外公表しています。


集計結果

公表予定

日時 内容
7月30日(金)午後7時00分 月次ベース(令和3年6月29日~令和3年7月28日)
8月2日-6日 日次ベース(令和3年4月~令和3年6月)
8月31日(火)午後7時00分 月次ベース(令和3年7月29日~令和3年8月27日)

(注)現時点での予定をお知らせするものであり、変更される場合があります。


問い合わせ先

国際局為替市場課相場第1係
電話  03-3581-4111 内線2895