このページの本文へ移動

政府系金融機関における貸付条件の変更等の状況について(令和2年7月末時点)

令和2年8月31日

政府系金融機関における貸付条件の変更等の状況について(令和2年3月10日から令和2年7月末までの実績)

【債務者が中小企業者である場合】
(単位:件)
実績 
貸付けの条件の変更等の申込みを受けた貸付債権の数(A)  64,727
  うち実行に係る貸付債権の数(B)  57,125
  うち謝絶に係る貸付債権の数(C) 102
  うち審査中の貸付債権の数(D) 5,618
  うち取下げに係る貸付債権の数(E)1,882
実行率(B)/[(B)+(C)] 99.82% 

※1 計数は、日本政策金融公庫(中小企業事業、国民生活事業、農林水産事業)、沖縄振興開発公庫、商工組合中央金庫、日本政策投資銀行の合計値。代理貸は含まない。
※2 件数は、貸付債権ベース。
※3 「うち審査中の貸付債権の数」には、条件変更を承諾する旨の判断決定後、契約の手続きが未了の債権が含まれる。