このページの本文へ移動

財政資金対民間収支(9月中実績の概要)

平成30年10月2日

財務省

財政資金対民間収支(平成30年9月中実績)の概要

  30年9月は、普通交付税の交付等がある一方で、消費税・源泉所得税や財政融資資金の貸付回収金等の受入があり、また、国債等・国庫短期証券等が受入超過であったことから、総収支尻は、5.4兆円の受入超過(前年同月比1.0兆円の受入超過幅の増加)。

(主な受入日)  (主な支払日) 
消費税・法人税等の租税、保険料の受入・・・4日 普通交付税、地方特例交付金の交付等・・・4日
源泉所得税の受入・・・12日後期高齢者医療給付費等負担金の支払等・・・12日
国債(1年超)の発行・・・3日、4日、6日、10日、
               12日、14日、18日、21日、
               27日

 

●受:14.6兆円(前年同月比 △1.8兆円)

    〔一般会計〕  5.5兆円:

消費税・源泉所得税等の受入(5.1兆円)等

〔特別会計等〕  9.0兆円:

財政融資資金の貸付回収金等の受入(4.1兆円)、

 

年金特会の保険料等の受入(4.4兆円)等

 (単位:億円)

区分実績前年同月前年同月比備考
 (1)一般会計55,29554,977318 
  うち 租税50,77950,370409消費税・源泉所得税等の受入
      税外収入1,2521,384△133 
 (2)特別会計等90,383108,819△18,436 
  うち 財政投融資40,95739,7591,198地方公共団体・機関からの貸付回収等
      外国為替資金3016,986△6,685 
      年金44,46043,3211,139保険料等の受入
      国債整理基金014,084△14,084 
 (3)小計((1)+(2))145,679163,797△18,118 

 

 

●払:13.7兆円(前年同月比 0.3兆円)

 〔一般会計〕  7.4兆円:

社会保障費の支払(1.3兆円)、普通交付税の交付等(4.2兆円)等

〔特別会計等〕  6.3兆円:

年金特会の支払(2.6兆円)、公債の利子支払(1.7兆円)等

(単位:億円)

区分実績前年同月前年同月比備考
 (1)一般会計73,98675,125△1,140 
  うち 租税10,86610,702165 
     社会保障費12,60511,852753後期高齢者医療給付費等負担金の支払等
     地方交付税交付金41,66542,801△1,136普通交付税の交付等
     防衛関係費2,4432,888△445
     公共事業費1,9162,354△438
     義務教育費9379325 
     その他支払3,5533,597△43
 (2)特別会計等63,39859,4053,993 
  うち 財政投融資9,2597,5661,694
      外国為替資金3,2656,689△3,424 
      年金25,77120,4325,339
      公債利子支払資金16,74017,603△863公債の利子支払
 (3)小計((1)+(2))137,384134,5302,854 

 

●収支尻:5.4兆円の受入超過(前年同月比 1.0兆円)

〔一般会計・特別会計等小計〕

 0.8兆円の受入超過

  前年同月比  

 2.1兆円の受入超過幅の減少

 〔国債等〕

 1.6兆円の受入超過 : 国債発行(10.4兆円)、償還(△8.8兆円)

  〔国庫短期証券等〕 

 3.0兆円の受入超過 : 国庫短期証券発行(21.5兆円)、償還(△18.4兆円)

〔国債等・国庫短期証券等小計〕

 4.7兆円の受入超過

  〔合計〕

 5.5兆円の受入超過 

 〔調整項目〕

 0.1兆円の支払超過 

  〔総計〕  

 5.4兆円の受入超過 

(単位:億円)

区分実績前年同月前年同月比備考
 (1)一般会計△18,690△20,1481,458 
 (2)特別会計等26,98549,414△22,429 
 (3)小計((1)+(2))8,29529,266△20,971 
 (4)国債等16,496△7,27823,773 
  うち 国債(1年超)15,996△7,77823,773 
      借入金500500△0 
 (5)国庫短期証券等30,24023,4996,741 
  うち 国庫短期証券 30,24023,4996,741 
      一時借入金000 
 (6)小計((4)+(5))46,73516,22230,514 
 (7)合計((3)+(6))55,03045,4889,542 
 (8)調整項目△1,009△1,09082 
 (9)総計((7)+(8)) 54,02244,3989,624 

 

(注) 1.「調整項目」とは、国庫金が日本銀行代理店の窓口で受払される時点と、日本銀行本店の政府預金が増減する時点との時間的なズレの調整等のための項目である。 
 2.「実績」及び「前年同月」の△印は支払超過を示す。 
 3.単位未満は四捨五入してあり、計において一致しない場合がある。 

(参考)

日本銀行が国庫短期証券売買オペによって取得した国庫短期証券のうち、償還期日が到来するものの償還額は次のとおりであり、これは対民間収支には計上されない(繰上償還額及び対政府等売却額は控除していない)。
日銀売買オペ分償還額 35,84030,2995,541

 

平成30年9月中実績  [(Excel:32KB)] [(PDF:230KB)]

国庫金の用語集へ