このページの本文へ移動

令和元年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況

令和2年2月12日

財務省

令和元年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況

覚醒剤の押収量が史上初めて2.5トンを超える
不正薬物全体の押収量も史上初の3トン超え

財務省は、令和元年(平成31年1月から令和元年12月まで)に全国の税関が空港や港湾等において、不正薬物の密輸入その他の関税法違反事件を取り締まった実績をまとめましたのでお知らせします。

1.不正薬物*1の事犯

不正薬物全体の摘発件数は1,046件(前年比20%増)、押収量*2は約3,318kg(前年比約2.2倍)となり、史上初めて3トンを超えた。この様に、我が国への不正薬物の流入は引き続き拡大傾向にあり、極めて深刻な状況となっている。

  • *1 覚醒剤、大麻、あへん、麻薬(ヘロイン、コカイン、MDMA等)、向精神薬及び指定薬物をいう。

    *2 錠剤型薬物を除く。

●覚醒剤

  • 摘発件数は425件(前年比約2.5倍)であり、過去最高を記録した。

  • 押収量は約2,570kg(前年比約2.2倍)であり、“史上初めて2.5トンを超える”とともに“4年連続の1トン超え”を記録した。

  • 押収した覚醒剤は、薬物乱用者の通常使用量で約8,566万回分、末端価格にして約1,542億円に相当する。

  • 大口事犯として、過去最高となる約1トン、過去3位となる約587kg(いずれも洋上取引)を摘発した。

●大麻

  • 大麻草については、摘発件数・押収量ともに減少したが、大麻樹脂等(大麻リキッド等の大麻製品を含む。)は、摘発件数・押収量ともに増加した。

●コカイン

  • 摘発件数は52件(前年比10%減)と僅かに減少したものの、押収量は約638kg(前年比約4.2倍)と大幅に増加した。

  • 大口事犯として、過去最高となる約400kg(海上貨物に隠匿)、過去2位となる約178kg(外国貿易船の船底にある海水取入口に隠匿)を摘発した。

2.金地金の密輸入事犯

通年で見ると、摘発件数は61件(前年比94%減)、押収量は約319kg(前年比84%減)と、摘発件数・押収量ともに大幅に減少したものの、令和元年10月の消費税率引き上げ後は、摘発件数に増加傾向が見られた。

3.知的財産侵害事犯等

時計等の商標権を侵害する物品の密輸入事犯14件を告発した。

サル、カワウソ等の密輸入事犯や北朝鮮へ向けた家具等の密輸出事犯等を告発した。


【参考資料】