このページの本文へ移動

平成30年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況

平成31年2月22日

財務省

平成30年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況

不正薬物の密輸摘発が増加・多様化
覚醒剤の押収量は3年連続1トン超え

財務省は、平成30年の1年間に全国の税関が空港や港湾等において、不正薬物の密輸入その他の関税法違反事件を取り締まった実績をまとめましたのでお知らせします。

1.不正薬物の事犯

不正薬物*1全体の摘発件数は886件(前年比13%増)、押収量*2は約1,493kg (前年比8%増)となり、我が国への不正薬物の流入が深刻な状況が続いている。特に覚醒剤は史上初めて“3年連続の1トン超え”となる大量摘発となったが、大麻、麻薬、指定薬物も顕著な増加傾向を示しており、密輸形態の多様化も含め、全体的に拡大傾向がみられる。

  • *1 覚醒剤、大麻、あへん、麻薬(ヘロイン、コカイン、MDMA等)、向精神薬及び指定薬物をいう。

  • *2 錠剤型薬物を除く。

〔覚醒剤事犯〕

摘発件数は171件(前年比13%増)、押収量は約1,156kg*3(前年比0.3%減)となった。

  • *3 薬物乱用者の通常使用量で約3,853万回分、末端価格にして約693億6,000万円に相当。

  • 多様化する密輸形態

    航空機旅客としては過去最大の押収量となる事犯を摘発したほか、船舶旅客(クルーズ船)による事犯も摘発。また、商業貨物による事犯は24件(前年比約2.2倍)、国際郵便物による事犯は52件(前年比約1.4倍)と増加しており、特に商業貨物は押収量も約950kg(前年比約2.4倍)と急増。

〔大麻事犯〕

・摘発件数は230件(前年比35%増)となり、平成17年以来の200件超えとなった。また、押収量も約156kg(前年比20%増)と、急増した前年を更に上回る増加ぶり。

  • 急増傾向の拡大

    4年連続で100件を超える状況。航空機旅客としては過去最大の押収量となる事犯も摘発。

〔麻薬事犯〕

・摘発件数は229件(前年比約1.4倍)、押収量は約165kg(前年比約2倍)と増加。

  • コカインとMDMAの急増

    コカインの押収量(約152kg(前年比約15.5倍))及びMDMAの押収量(約9kg(前年比約80.4倍))が急増。コカインの押収量は過去最高。

〔指定薬物*4事犯〕

摘発件数は218件(前年比約21%減)、押収量は約16kg(前年比約1.9倍)と、件数はやや減少したものの押収量が急増。

  • *4医薬品医療機器等法第2条第15項に基づき厚生労働大臣が指定する薬物。

2.知的財産侵害事犯

商標権を侵害する錠剤等の密輸入を知的財産侵害事犯として8件告発。

3.ワシントン条約該当事犯

鳥獣、爬虫類等の密輸入をワシントン条約該当事犯として6件告発。船舶旅客(クルーズ船)が持ち込んだカメ類も摘発。

4.不正輸出事犯等

盗難自動車、北朝鮮関連の不正輸出事犯等を告発。

5.その他の事犯

偽造ビール券、偽造在留カード等の密輸入事犯を告発。


【参考資料】