このページの本文へ移動

歳入(一般会計)構成の推移

(単位:億円、%)

歳入(一般会計)構成の推移

   年度

 

区分

506017272829 30 
  50→60
平均
伸率
 60→7
平均
伸率
 7→17
平均
伸率
 17→27
平均
伸率
27→28
伸率
28→29
伸率
補正後
予算 
29→30
伸率 
予算 30→元
伸率 
税収137,527
(64.0)
381,988
(70.7)
10.8519,308
(64.5)
3.1490,654
(55.1)
△0.6562,854
(55.1)
1.4

554,686

(54.0)

▲1.5

587,875

(56.7)

6.0599,280
(59.1)
1.9  624,950
(61.6)
 4.3
その他収入24,402
(11.4)
34,857
(6.5)
3.673,794
(9.2)
7.886,658
(9.7)
1.6109,716
(10.7)
2.4

92,708

(9.0)

▲15.5

113,020

(10.9)

21.960,347
(6.0) 
▲46.663,016
(6.2) 
 4.4
公債金収入52,805
(24.6)
123,080
(22.8)
8.8183,959
〈28,511〉
(22.8)
4.1312,690
(35.1)
5.4349,183
(34.2)
1.1

380,346

(37.0)

8.9

335,546

(32.4)

▲11.8353,954
(34.9)
5.5 326,605
(32.2) 
 ▲7.7
合計214,734
(100.0)
539,926
(100.0)
9.7805,572
(100.0)
4.1890,003
(100.0)
1.01,021,753
(100.0)
1.4

1,027,740

(100.0)

0.6

1,036,440

(100.0)

0.81,013,581
(100.0) 
▲2.2 1,014,571
(100.0)
 0.1
(注)
1.(  )内は構成比である。
2.平成29年度以前は決算額、30年度は第2次補正後予算額、令和元年度は予算額である。
3.公債金収入は、平成7年度は消費税率引上げに先行して行った減税による租税収入の減少を補うための減税特例公債(〈 〉で外書)を除いている。
4.令和元年度の計数は、「臨時・特別の措置」を含むものである。