このページの本文へ移動

令和元年度特別会計決算概要

令和元年度特別会計の決算上の剰余金について

「決算上の剰余金」とは各特別会計における歳入歳出の単純な差額。令和元年度においては9.3兆円(国債整理基金特別会計を除く)。特別会計法第8条等の規定に基づき、1積立金への積立て等(3.0兆円)、2翌年度特別会計歳入への繰入れ(3.7兆円)、3一般会計への繰入れ(2.6兆円)を行うこととしており、個々の特別会計の制度趣旨を踏まえつつ、可能な限り一般会計の財源として活用。

○ 主な特別会計(勘定)の剰余金の概要

                                                                                                                                             (単位未満四捨五入)
主な特別会計(勘定)の剰余金の概要
特別会計(勘定)剰余金額主な発生要因主な処理
外国為替資金3.4兆円
  • 運用収益(保有外貨資産と円建負債(政府短期証券)の金利差)
  • 外国為替資金に0.5兆円組入れ、令和2年度特会歳入に0.4兆円繰入れ、令和2年度一般会計歳入に2.6兆円繰入れ
年金2.3兆円
 (基礎年金・国民年金・厚生年金)(1.9兆円)
  • 年金給付費が予定を下回ったこと
  • 保険料収入が予定を上回ったこと
  • 令和2年度以降の年金給付等に充てるため、積立金として積立て
東日本大震災復興0.9兆円
  • 地元調整等に時間を要したことによる事業の繰越し
  • 令和2年度に繰り越された復興事業等に充てるため、令和2年度特会歳入に繰入れ
財政投融資0.6兆円
(投資)(0.6兆円)
  • 配当金収入が予定を上回ったこと
  • 令和2年度以降の産業投資等に充てるため、令和2年度特会歳入に繰入れ
エネルギー対策0.5兆円
(エネルギー需給)(0.4兆円)
  • 事業計画の見直し等による事業の繰越し
  • 令和2年度に繰り越された補助事業等に充てるため、令和2年度特会等歳入に繰入れ
国債整理基金基金残高3.0兆円(国債入札の偶発的な未達に備え、一定の水準を維持)

令和元年度特別会計歳入歳出決算の概要

(単位:億円、単位未満切捨て)

令和元年度特別会計歳入歳出決算の概要
特別会計名収納済
歳入額
(A)
支出済
歳出額
(B)
剰余金額(A-B) 
1積立金
として積
立、資金
に組入
2令和2年度当該特会歳入に繰入3令和2年度
一般会計
へ繰入
令和2年度
歳入予
算計上
歳出の
繰越
支払
備金等
(注)
その他
交付税及び譲与税配付金519,846514,8834,9634,9634,375588
地震再保険2,054721,9821,982
国債整理基金1,869,6971,838,77930,91830,91830,665252
外国為替資金35,9871,59634,3914,5713,9113,91125,907
財政投融資284,839278,7286,1101355,9755,052104818
エネルギー対策108,870103,7665,1045,1041,7831,1612,1600
労働保険63,71059,2764,4341,8272,606487271,99298
年金932,091909,18922,90221,2171,685601381,044
食料安定供給9,6778,5061,170511,1007861281067919
国有林野事業債務管理3,5633,563
特許2,4691,5689009008810- 18
自動車安全6,8374,9951,84141,8361,175477183
東日本大震災復興25,87316,7709,1029,1028,126975

(注)保険事故が既に発生し支払うべき債務で、令和2年度以降の保険金支払に充てるため、令和2年度歳入に繰り入れる必要があるもの等。